top 床屋さん オリジナル爆笑コラム - したまちどっとこむ

オリジナルグッズのしたまちどっとこむ
  Sitamati ショップ 

コラム したまちどっとこむが送る、オリジナルの爆笑!?コラムです。読んで笑って・・・さぁ、リラックス!お題は『床屋さん』

 オリジナルグッズのしたまちどっとこむ > オリジナル爆笑コラム >

md 『床屋さん』

梅もホコロビ、いよいよ春めいてまいりました。
かつては♪重いコート脱いで〜♪でしたがこの頃は♪厚ぼったいダウンジャケットを脱いで〜♪
(すんげー字余り)どこかに出かけたい季節。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて話は変わりまして今回は「床屋さん」のお話。
オールバック・黒ぶち眼鏡の漫才師、故・横山やすし氏は毎日床屋で調髪してから仕事場に向かったという有名なエピソードの持ち主。

普通は当然毎日とはいきませんが、月に1度位「床屋さん」(美容院に行かれる方もいらっしゃるでしょうが)
で散髪・顔剃りをしてもらうと確かにサッパリしますよね。
そこで私のよく行く「床屋さん」

どーやらチェーン店のようで、ドアが開くなり5〜6人の「床屋さんの人々」が揃って「いらっしゃいませ〜!」(床屋さんA・B・C)「少々おまちくださ〜い!」(床屋さんC・D)等と大声で連呼。
なんだか居酒屋(何か頼む度に「ハイ、よろこんで〜!」って応えるお店何って言ったっけ)みたいで、慣れないとちょっとビビルお店なのです。

そんで個人経営の「床屋さん」と違って「私切る人」「私洗う人」「私剃る人」みたいな完全なる分業制。
そんで「私洗う人」が2人居て、洗う人(A)は10代の女の子。洗う人(B)はフランケンシュタインみたいな大男。まぁ当然洗う人(A)に当たった場合は、茶柱が立った茶碗を見てじーちゃん・ばーちゃんがほのぼの喜ぶTVCMみたいに少しだけ幸せになったりするわけですが。
そんな床屋さんでにヒゲを剃ってもらう時に度々直面する問題があるのです。それは

「喉仏の辺りを剃ってもらっている時、どーしても唾を飲み込みたくなる」ことなのです。

女性には解らないかもしれませんが、男性は唾を飲み込むと「ゴクリ」と喉仏が動くわけですよ。
つまり「私剃る人」が新人で、私が堪え切れずに「ゴクリ」と唾を飲み込んだ喉仏の動きに万一対応出来なかった場合どーなるか。新聞の見出しは

「白昼床屋での惨劇」−40代男性、髭剃り中唾を飲み込んだばっかりにー
関係者(1)談:「お酒さえ飲まなければいい人でした」
関係者(2)談:「520円貸したまんまなんです」
事件を目撃した理髪店店員 「いらっしゃいませ〜!」(床屋さんA・B・C)
「少々おまちくださ〜い!」(床屋さんC・D)

・・・何かいい対処法があったら教えてくださいな。

  

PR/★マンツーマンのパソコンスクール
浅草駅 徒歩3分 MOS受験もOK! 活用
フォーティネット パソコンスクール マンツーマン

▲ページトップ | オリジナルグッズのしたまちどっとこむ

企画運営 | 利用規約 | 広告掲載 | サイトプライバシー | 相互リンクマップ | サイトマップ
Copy Right したまちどっとこむ
オリジナルグッズとオーダーメードのしたまちどっとこむ