煙突の見える場所

公開日: : したまち爆笑コラム

image87さてさて、まるでスイッチが入ったかのように季節が変わり、寒暖の差が激しい今日この頃ではありますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

先日ケーブルTVで観た映画「煙突の見える場所」。

1953年公開ですから古い。もうとにかく古い。
監督 五所平之助 出演 上原 謙 田中絹代 芥川比呂志 他

この映画、舞台が私の地元「足立区の千住」ということもあり、以前から気にはなっておりました。
そして冒頭、3本の煙突以外な~んにもない荒寥とした荒川土手をバックにかぶるナレーション。

「この辺は住宅地として、高級とは申しかねます。雨が少し多く降るとこの辺はたちまち洪水で、住んでいる人たちはみんな戦々恐々です。これでも大東京の一角だというんですが・・・」
と、全く容赦ないお言葉。
映画自体は「捨てられた赤ん坊をを巡って繰り広げられる下町人情劇。」
ということでありますが、やはり目を引くのは当時の千住地区の風景や生活様式。

特にタイトルにもなっております煙突(千住火力発電所の4本煙突「通称:おばけ煙突」)

どんな煙突かと申しますと

「千住火力発電所(現在の東京電力)は巨大な4本の煙突を持っていたが、この煙突は付近住民などからは「お化け煙突」の名で呼ばれていた」
では何故「お化け煙突」と呼ばれていたかと申しますと、

1)煙突から時たま煙を吐く姿が「お化け」のようで、火葬場が連想された。
2)見る方向によって、煙突の数が1 – 4本と変化する「不思議な煙突」という意味。

解体は昭和39年3月28日とありますから、当時私は3歳のご幼少のみぎり。
当然リアルな記憶はございませんが、長じて「見る角度によって本数が変わるおばけ煙突」の話はよく耳にしたものです。

そしてこの映画のテーマも、おばけ煙突になぞらえて
「一つの事象もそれを見る人(価値観)、見る角度(境遇・立場)によって見え方が違う」
ということなのでありましょう。

昨今何かと物騒な領海の問題、また一般常識との乖離が指摘される東京電力の対応。

もしも見る角度を少し変えて見る事ができれば、それまでとは違った景色が見えるのでは・・・
な~んて思ったり思わなかったり。

推薦加盟店 日替わり紹介

関連記事

小市民的電波時計の楽しみ方

桜も満開!いよいよ春本番ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 思えば私が初めて腕時計を買

記事を読む

横井さん発見から41年

先日立ち上がる時に思わず出てしいまった掛け声 「ヨッコイ、しょーいち」 嗚呼そういえば居たなぁ、

記事を読む

どーしてなんだろう

やっと涼しくなってきたので昼ご飯を、久しぶりに言問い通り沿いのコッテリ系有名ラーメン店で食べる。

記事を読む

諸行無常

どうなんでしょうか。 去年ほどではないしてもかなり熱い夏ではありましたなぁ・・・。 また

記事を読む

日本の夏といえば

「日本の夏といえば」 なんともう梅雨明け!(6月29日発表)長い猛暑になりそうですねぇ。 熱

記事を読む

100円ショップの100円ゲーム

毎日暑いですが、みなさんお元気でしょうか? 唐突ですが私の場合、物心ついた時からのB級好き。

記事を読む

食べかけのリンゴ

あぢあぢあぢ!子供が小さい頃は、よくプールとかに行ったものですが、 さすがにオジサン一人で公営プー

記事を読む

本当にあった怖い話

本当にあった怖い話 もうそろそろ梅雨かぁ・・・と思うと少し鬱陶しい気分にもなりますが、皆様如何

記事を読む

新緑の頃

3月11日に発生した東日本大震災により、 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

記事を読む

ダンディ

明けましておめでとうございましたーっ! え~っと、このコラムでは何度かカミングアウト(それ程の

記事を読む

推薦加盟店 日替わり紹介

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

推薦加盟店 日替わり紹介

2019年

「2019年」 令和元年も暮れようとしておりますが、皆様お変わり

テンプレート作成

]]]]] テンプレート作成 ]]]]] 請求書や見積書を作成時

今号のキーワード:「オフ会」

今号のキーワード:「オフ会」 最近ニュースなどでも耳にする「オフ

みんなで焼き肉

「みんなで焼き肉」 早いもので今年もあと1ヶ月となりました。イン

フィルタオプション 

]]]]] フィルタオプション  ]]]]] 前回の続きです。

→もっと見る




PAGE TOP ↑