台東区の元気産業がお届けするしまたちどっとこむ!

オリジナルグッズのしたまちどっとこむとは


台東区主催の「インターネットビジネス塾」が開かれました。これは、区内の中小企業を対象に、インターネットをビジネスに活用する実践的なノウハウを習得しようという企画でした。まだ自社のホームページどころか、ネットでショッピングをしたこともない方から、自分でホームページを作成できる方まで様々なパソコンスキルの方たちが参加致しました。上期下期あわせて40社近くの方達です。デジカメでの商品撮影、ホームページビルダーでのページ制作、CGI導入のショッピングカート設置までの講習を私ども有限会社フォーティ(フォーティネット パソコンスクール)が担当致しました。
参加した企業の方から、実験終了後もお店を運営したい、会社のホームページをこのまま残したいという声が上がり、台東区の手を離れた形で、この度、「したまち.com」は生まれたのです。

続きを見る

したまちどっとこむ参加企業【協賛】様

台東区で活躍する元気な企業様、ショップ様です。
オリジナルティの高いアイテムやオーダーメードな可能で非常に貴重価値のある商品アイテムや情報がたくさんあります!
ご参入協賛いただける、台東区の企業様を募集いたしております。したまちどっとこむへご参加いただけるとこんな便利システムのご利用と宣伝効果をご利用いただけます。

続きを見る

フォーティネットパソコンスクールよりお知らせ

■□■ ☆★技術評論社より書籍発売中!!★☆ ■□■
ExcelやWordを使ていて、つまずいたり、困ったりしたことありますよね。
皆様からいただいた質問や疑問をギューっと詰め込んだ本です。

Wordのムカムカ!が一瞬でなくなる使い方 ~文章・資料作成のストレスを最小限に! ★Wordのムカムカ!が一瞬でなくなる使い方★
~文章・資料作成のストレスを最小限に!~
Excelのムカムカ!が一瞬でなくなる使い方 ~表計算・資料作成のストレスを最小限に! ★Excelのムカムカ!が一瞬でなくなる使い方★
~表計算・資料作成のストレスを最小限に!~
ストレスゼロのWindows仕事術 ~ムダをなくしてスピード&効率がガンガンアップする使い方 ★ストレスゼロのwindows仕事術★
~ムダをなくしてスピード&効率がガンガンアップする使い方~
スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい ~8割の社会人が見落とす資料作成のキホン ★スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい★
~8割の社会人は見落とす資料作成のキホン~

17年間で2000人以上を完全マンツーマンで指導してきた著者が,WordやExcelの「なぜ?」とストレスなく使うコツを教えます。
コロナウィルスの影響でテレワークも増え、自宅で仕事の方も多いことでしょう。オンライン会議や資料作成に追われる?と、そのとき、資料作成で時間を取られてしまってはなかなか仕事も進みません。WordやExcelを駆使して長時間かけて資料を作成しても満足いく資料にならないことはありませんか?
内容が良くても見た目が悪くて損をする・・・
こんな資料にならないために、ソフトの使い分けや最低限覚えておきたい機能をピックアップしてまとめました。

関連サイト・ホームページ・ブログのご紹介

※リンク設定等の不手際が、ございましたらご連絡ください。

したまちどっとこむ お便り

台東区の街ネタ、爆笑コラム、パソコン機器モバイル情報、エクセル小技やIT用語まで幅広くお届けいたします。

昭和の健康器具

「昭和の健康器具」 さてさて激動・激変の2020年も残すところ1ヶ月と...

続きを見る

新規フォルダの作成

]]]]] 新規フォルダの作成 ]]]]] パソコンで資料を作成すると...

続きを見る

上野検定教本 上野ものしり帖 発売開始!

■□■ 上野検定教本 上野ものしり帖 発売開始! ■□■ 日本検定財団...

続きを見る

2020/12/01
昭和の健康器具
2020/12/01
新規フォルダの作成
2020/12/01
上野検定教本 上野ものしり帖 発売開始!
2020/12/01
今号のキーワード:iPad
2020/11/02
秋の夜長はやっぱり読書
2020/11/02
ソフト起動のショートカットキー



no image
昭和の健康器具

「昭和の健康器具」 さてさて激動・激変の2020年も残すところ1

新規フォルダの作成

]]]]] 新規フォルダの作成 ]]]]] パソコンで資料を作成

上野検定教本 上野ものしり帖 発売開始!

■□■ 上野検定教本 上野ものしり帖 発売開始! ■□■ 日本検

今号のキーワード:iPad

今号のキーワード:iPad ひと口にiPadと言っても種類が色々

秋の夜長はやっぱり読書

「秋の夜長はやっぱり読書」 さて激動の年と言いますか、ある意味大

→もっと見る




PAGE TOP ↑