70年代アメリカンポップスを聴きながら

公開日: : したまち爆笑コラム

colum_img4[1]もーなんだか、雨が降らなかったりバカ暑かったりの滅茶苦茶な梅雨ですが皆さん体調など崩していませんか~?

さて本日私ちょいと錦糸町に用事がありまして、ついでと申しますかまぁ、お決まりのコースなんですが、100円ショップのダ○ソーをブラブラしておりました。
もともとが大の100円ショップ好き。特に錦糸町アルカキット(駅ビル名)のダ○ソーの品揃えがお気に入りで本日も楽しみにしていたところ..200円コーナーで70年代のCDを発見。
「スリーディグリーズ」「トム・ジョーンズ」etc。
著作権等権利関係はどーなってるんだろう?と思いつつ「エンゲルベルト・フンバーティング」と「トム・ジョーンズ」を購入いたしました。計\210(税込み)なり。
この手の100円の音楽CDにはがっかりしちゃったもの(まぁ\100だかんね)も多かったので倍の\200とはいっても大して期待していなかったのですが、これが聴いてビックリ。
特に「エンゲルベルト・フンバーティング」のライブ盤。
代表曲の「太陽は燃えている」だったかなぁ、は入っていなかったけれどそう、これぞまさに私が北千住のハナタレ小僧だった頃キラキラ目で聴いていたアメリカンポップス!
嬉しくなって二度聴いて満足した後、酒の肴を探しに近くのスーパーへ。

唐突ですが実は何故だか家族で私だけ、刺身寿司煮魚煮つけ煮びたし和え物等々…和食が大の苦手。

そこで私、夕暮れのスーパーで思い出してしまったのです。
1)小学生の頃周りから「西洋カブレ」と呼ばれていたこと。
2)目玉焼きでもなんでも「しょうゆ」じゃなくて「ソース(ブルドック中濃)」
をかければなんでも西洋料理になると信じていたことetc…

???ひよっとして「ガキの頃オレは…もともと和食が嫌いなんじゃーなくて、和食を食べなければ西洋人になれる、と思い込んでいたんじゃーなかろーか…。
そんでそんな毎日を送っているうちに結果的に和食が苦手になってしまったんじゃなかろーか…。」

タイムマシンでもなければ確かめようのないことですけど、もしそうだとしたらなんてオバカで不毛な食生活を今日まで過ごしてしまったことか….。

そろそろコレステロールなど成人病も気になる「40代半ば」 どこからどーみても純粋日本人の私は、本日もブルドック中濃ソースをかけたイカフライ(西洋料理?)をつまみに焼酎を飲みつつ「エンゲルベルト・フンバーティング」を聴いている次第です。

関連記事

寒くなりました

毎度毎度でございますがいよいよ今年もあと一ヶ月。 押し詰まって参りましたが皆様如何お過ごしでしょう

記事を読む

思い出の味

「思い出の味」 さてさて平成最後の年もはや1ヶ月が過ぎました。 インフルエンザが猛威を振

記事を読む

ノザキの・・・といえば?

日の並びが良くないとはいえ、いわゆる「ゴールデンウィーク」でありますが、 皆様如何お過ごしでしょう

記事を読む

1ピース

今日(27日)は東京でも雪が降りました。三寒四温と申しますが、 少しだけ春が遠のいたような気がしま

記事を読む

おせち料理

「おせち料理」 いよいよ激動の2021年も押し迫って参りました。 当スクールの年内営業も

記事を読む

孤独を癒す?アプリ

  朝晩めっきり寒くなってまいりしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

記事を読む

さらば鼠先輩

さてさて、色々な面で世界的に激動の年が終わり、引き続き始まろうとしております。 皆様にはお変わ

記事を読む

銭湯の怪

さてさて、すっかり秋めいて参りましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 これといった趣味もない私で

記事を読む

歩く人

ソニーの初代ウォークマンが発売されたのが、今から31年前の1979年。 私、青春真っ只中18の夏で

記事を読む

今はもう秋

どうにかこうにか秋の気配も漂って参りました。 さて、秋と申しますと「食欲の秋」「スポーツの秋」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

データを連結させる関数

]]]]] データを連結させる関数 ]]]]] セルのデータ&セ

おせち料理

「おせち料理」 いよいよ激動の2021年も押し迫って参りました。

YouTube動画の保存

今号のキーワード:YouTube動画の保存 YouTubeの動画

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー 

■□■ 「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー  ■

断捨離

「断捨離」 さてさて激動の2021年が終わろうとしております。師

→もっと見る




PAGE TOP ↑