MVNO

公開日: : パソコン用語の基礎知識

今号のキーワード:「MVNO」

皆さんは、スマートフォンをどんな用途で使っていますか?
人によって使い方は様々だと思いますが、「メール」や「通話」、「インターネット」
など代表的なものをはじめ、「スケジュール管理」や「ネット動画」など
パソコン代わりに携帯を使いこなしている方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、人それぞれの使い方があって当然です。

では、そうしたスマートフォンの使い方と、月々支払っている料金が、
「見合っているか?」「元を取れているか?」というとどうでしょうか?
スマートフォンの料金は通常の契約だと月一万円近くします。
「メールにしか使ってないけど」「動画なんて全然見ないよ」といった方は、
実際に使える量の半分以下しか使っていないこともあるのではないでしょうか。

そうした中、使い方に合わせて細かくプランを選んで契約できる、サービスが
最近話題になっています。
それが今号のキーワード「MVNO」です。
「MVNO」はMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。

言葉だけではわかりにくいですが、NTTdocomoなどの通信業者の通信網を「借りて」
通話やデータ通信を提供するサービスです。

例えば、メールやLineしか使っていないという方は、料金の高いパケット通信プランに
加入すると、元が取れません。
そんな時は、MVNO業者と契約し、送られてきたSIMカードを使って通信すれば
料金を月1,000~2,000円程度に抑えることができます。
ただし、良いことばかりではなく、通信のスピードが通常の1/10程度になりますし、
通話には対応していないケースもあります。

ケイタイやスマートフォンの「機種」を選ぶ(迷う)ことはありますが、通信事業者や
プランを迷うことはあまりないかもしれません。
今後は自分のスマートフォン使い方を見直し、「通信が早くて使いたい放題だけど
ちょっと高い」の契約をするか、「通信は制限されているけどちょっと安い」契約をするか、
選べる時代になっていくでしょう。

ガラケーをスマホに変える際は、契約と使い方をちょっと見直してみては?

■MVNOとは? | OCN プロバイダ(インターネット接続)

 

Screenshot of service.ocn.ne.jp

*詳しい操作方法などはポイント授業などで受付けています。
お気軽にご相談ください。

関連記事

ガラケー

今号のキーワード:「ガラケー」 皆さんはスマートフォンをお持ちですか? 「使い方が難しそう・

記事を読む

年末年始特集

今号のキーワード:「年末年始特集」 年末年始の過ごし方はもう決まりましたか? 「いつもと

記事を読む

今号のキーワード:Pinterest(ピンタレスト)

今号のキーワード:Pinterest(ピンタレスト) ピンタレストはインターネット上で見つけた

記事を読む

フリーソフト

今号のキーワード:「フリーソフト」 皆さんはパソコンのソフトをいくつお持ちでしょうか?

記事を読む

人気のパスワード

今号のキーワード:「人気のパスワード」 メールを見るとき、買い物をするとき、予約をするとき・・

記事を読む

LTE

今号のキーワード:「LTE」 LTE(エル・ティー・イー)とは、 携帯電話やスマートフォ

記事を読む

年末年始特集

今号のキーワード:『年末年始特集』 早いもので、もう年の瀬ですねぇ。 年末年始もパソ

記事を読む

年賀状作成お助けサイト

今号のキーワード:『年賀状作成お助けサイト』 早いもので今年も年賀状のシーズンがやってまいりま

記事を読む

『Wi-Fi』

今号のキーワード:『Wi-Fi』 皆さんはインターネットをに繋ぐとき、どうやってつないでいます

記事を読む

スティック型PC

今号のキーワード:『スティック型PC』 皆さんお持ちのパソコンはどんな形ですか? ノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
昭和の健康器具

「昭和の健康器具」 さてさて激動・激変の2020年も残すところ1

新規フォルダの作成

]]]]] 新規フォルダの作成 ]]]]] パソコンで資料を作成

上野検定教本 上野ものしり帖 発売開始!

■□■ 上野検定教本 上野ものしり帖 発売開始! ■□■ 日本検

今号のキーワード:iPad

今号のキーワード:iPad ひと口にiPadと言っても種類が色々

秋の夜長はやっぱり読書

「秋の夜長はやっぱり読書」 さて激動の年と言いますか、ある意味大

→もっと見る




PAGE TOP ↑