AMのススメ

公開日: : したまち爆笑コラム

medium_261096092

さぁ、今年もまたまた残すところあとひと月となりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。
本日(11/27)何気に書店をのぞいてみた所、
平積みになっている「年末年始のTV番組ガイド」的雑誌群を発見。
毎年気がついて買ってみると、すでに10日間位経過していたりして、
いつも若干残念な感じがしておりましたが、何と今年は大当たり!
番組表の開始日が明日からでありました!
小さくガッツポーズをしたものの、

あぁこれで今年最後の「運」を使い果たしちゃったのかな、宝くじを買っても当らないだろうな、

と小さくションボリしてしまった「小市民」な私でございます。
さて話は変わりますが、今私のマイブームは今更「AMラジオ」。
きっかけははiphoneのアプリ「ポッドキャスト」
(ネット上で公開される音声データを,パソコンや携帯プレーヤーへ自動的に蓄積させるサービス)で、
TBSラジオの赤江玉緒の「たまむすび」を聞いたことから。

まぁ、この番組が日替わりのパーソナリティと相まって相当面白い。

通常放送は、月曜~木曜13:00~15:30(金曜のメインパーソナリティは小林 悠)
興味のある方は是非一度聞いてみて下さい。

そして本日ラジオから私の耳に飛び込んできたのが「大沢悠里のゆうゆうワイド」
しかも「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」のコーナー。

「今日来た肉屋の客はババァしかいない」とか
「小汚ぇ店だから、あんまし売れねぇだろう」

といった辛口コメントの後、流れてきた楽曲が三橋美智也の「哀愁列車」!

何と言いましょうか、恐ろしいばかりの「昭和感」!

一瞬、雪深い山間で娘夫婦の正月の帰省を首を長くして待ちつつ
ラジオを聞いている「老人」になったような気がしましたが、
これはこれで「のほほん」としていい感じ。
年齢のせいか、体質がFMからAMにシフトしつつあるのかも知れません。

今年の大晦日。
あえてTVを消して、ラジオで除夜の鐘を聞いてみるのもいいかもなぁ。

あ、そうだ。
最後にTBSラジオ日曜午前10:00からの「安住紳一郎の日曜天国 」も
独特な空気があって面白いですよ。(ま)

 
photo credit: Zellaby via photopin cc

関連記事

同窓会

秋を飛び越していきなり冬が来たような今日この頃。 風邪などひいて皆さん体調を崩したりしていませんか

記事を読む

何でもいい・・って言っちゃダメ

そろそろ春が待ち遠しい時期になりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。 先日私も人並みに誕生日

記事を読む

浮気の代償

以前時計について駄文を書いたことがございますが、中学3年の時、親に買ってもらった自動巻きの「セイコー

記事を読む

アナログで悪かったね

さてさて、毎年の事ながら今年も残すところあと1ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

記事を読む

100円ショップの100円ゲーム

毎日暑いですが、みなさんお元気でしょうか? 唐突ですが私の場合、物心ついた時からのB級好き。

記事を読む

因縁の対決

さて、今年もそろそろやって参りました。 あの憎き「蚊」との戦い。 私血液型はO型、汗っかきで

記事を読む

今度は金星ですよぉ

そーいえば皆さん、ご覧になりましたか?金環日食。 私が子供の頃は下敷きや煤(すす)を付けたガラ

記事を読む

床屋さん

梅もホコロビ、いよいよ春めいてまいりました。 かつては♪重いコート脱いで~♪でしたがこの頃は♪厚ぼ

記事を読む

適材適所

先日誕生日を迎えましてほぼ半世紀を生きております私でございますが、 何故か全てがB級志向。 つま

記事を読む

秋の夜長はやっぱり読書

「秋の夜長はやっぱり読書」 さて激動の年と言いますか、ある意味大きな転換点になるであろう202

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「2021読者が選ぶビジネス書グランプリ」エントリー

■□■ 「2021読者が選ぶビジネス書グランプリ」 エントリー ■

熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍

「熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍」 「激動の」と申し

ホームページのショートカット

]]]]] ホームページのショートカット ]]]]] インターネ

今号のキーワード:Chromecast(クロームキャスト)

今号のキーワード:Chromecast(クロームキャスト) スマ

昭和の健康器具

「昭和の健康器具」 さてさて激動・激変の2020年も残すところ1

→もっと見る




PAGE TOP ↑