床屋さん

公開日: : したまち爆笑コラム

colum_bar[1]梅もホコロビ、いよいよ春めいてまいりました。
かつては♪重いコート脱いで~♪でしたがこの頃は♪厚ぼったいダウンジャケットを脱いで~♪
(すんげー字余り)どこかに出かけたい季節。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて話は変わりまして今回は「床屋さん」のお話。
オールバック・黒ぶち眼鏡の漫才師、故・横山やすし氏は毎日床屋で調髪してから仕事場に向かったという有名なエピソードの持ち主。

普通は当然毎日とはいきませんが、月に1度位「床屋さん」(美容院に行かれる方もいらっしゃるでしょうが)
で散髪・顔剃りをしてもらうと確かにサッパリしますよね。
そこで私のよく行く「床屋さん」

どーやらチェーン店のようで、ドアが開くなり5~6人の「床屋さんの人々」が揃って「いらっしゃいませ~!」(床屋さんA・B・C)「少々おまちくださ~い!」(床屋さんC・D)等と大声で連呼。
なんだか居酒屋(何か頼む度に「ハイ、よろこんで~!」って応えるお店何って言ったっけ)みたいで、慣れないとちょっとビビルお店なのです。

そんで個人経営の「床屋さん」と違って「私切る人」「私洗う人」「私剃る人」みたいな完全なる分業制。
そんで「私洗う人」が2人居て、洗う人(A)は10代の女の子。洗う人(B)はフランケンシュタインみたいな大男。まぁ当然洗う人(A)に当たった場合は、茶柱が立った茶碗を見てじーちゃん・ばーちゃんがほのぼの喜ぶTVCMみたいに少しだけ幸せになったりするわけですが。
そんな床屋さんでにヒゲを剃ってもらう時に度々直面する問題があるのです。それは

「喉仏の辺りを剃ってもらっている時、どーしても唾を飲み込みたくなる」ことなのです。

女性には解らないかもしれませんが、男性は唾を飲み込むと「ゴクリ」と喉仏が動くわけですよ。
つまり「私剃る人」が新人で、私が堪え切れずに「ゴクリ」と唾を飲み込んだ喉仏の動きに万一対応出来なかった場合どーなるか。新聞の見出しは

「白昼床屋での惨劇」-40代男性、髭剃り中唾を飲み込んだばっかりにー
関係者(1)談:「お酒さえ飲まなければいい人でした」
関係者(2)談:「520円貸したまんまなんです」
事件を目撃した理髪店店員 「いらっしゃいませ~!」(床屋さんA・B・C)
「少々おまちくださ~い!」(床屋さんC・D)

・・・何かいい対処法があったら教えてくださいな。

関連記事

ウッカリしてた!

すっかり秋めいてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年の夏は気象庁によります

記事を読む

読書のススメ

「読書のススメ」 さてさて今年も早や1ヵ月が経ちましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 かつて

記事を読む

名物にうまいものなし?

「名物にうまいものなし?」 さて我が家の猫の額ほどの庭の梅も、ようやくほころび始めて参りました

記事を読む

孤独を癒す?アプリ

  朝晩めっきり寒くなってまいりしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

記事を読む

芸人 大喜利王決定戦 IPPONNグランプリ

この5月は記録的な暑さだったようですが、皆様如何お過ごしでしょうか? 突然ですが5/2

記事を読む

こんな時だから

「こんな時だから」 しかし今年の正月に、今年のGWがこんな状況になろうとは誰が想像したでしょう

記事を読む

風通しは良くないとね

この鬱陶しい梅雨が終われば夏ですねぇ~。 とは言え「情熱の嵐」(西城秀樹)のような恋愛が待って

記事を読む

粗大ごみ

何のかんの言っているうちに早や「衣替え」の時期、皆様いかがお過ごしでしょうか。 唐突ですが

記事を読む

ラーメンと私

まぁ、なんといいますか・・・ 最近では深夜の公園とかで、若者にしか聞こえない超音波(モスキート音)

記事を読む

第28回サラリーマン川柳

昨年もご紹介しましたが、今年も第一生命保険が 「第28回 サラリーマン川柳コンクール」の入

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

渦中お見舞い申し上げます

「渦中お見舞い申し上げます」 それにしても長い梅雨でしたねぇ。こ

セルの結合は使わない!

]]]]] セルの結合は使わない! ]]]]] 項目やタイトルで

今号のキーワード:AmazonSmartPlug (アマゾン スマートプラグ)

今号のキーワード:AmazonSmartPlug (アマゾン スマ

ワード
9月のパソコン講座募集中

■□■ 9月のパソコン講座募集中 ■□■ 勤労者サービスセンター

今号のキーワード:デジタルサイネージ広告

今号のキーワード:デジタルサイネージ広告 って、ご存じですか?

→もっと見る




PAGE TOP ↑