Windows10 Creators Update

公開日: : 最終更新日:2022/05/10 パソコン用語の基礎知識

今号のキーワード:『Windows10 Creators Update』

2017年4月にWindows10の更新プログラムの一つである『Windows10 Creators Update』の提供が
始まりました。
今のところ自動更新では適用されず、手動で適用する必要があるようです。

Windows10のPCも今までと同じように「更新プログラム」をインストールすることで、
セキュリティの修正や不具合の調整などを行いますが、これまで以上に「新しい機能の提供」を
更新プログラムで行うように設計されています。

今回配信される『Windows10 Creators Update』では、
画面表示に関する新機能や、インターネットブラウザである「Edge」の機能強化、
意外なところではお絵かきソフト「ペイント」のバージョンアップなどが含まれています。

今後もWindows10のPCでは『○○○Update』という形で機能が更新されていくことになるでしょう。

OSが一部変わると言う事ですので、適用することで不具合が起きる環境もあるかもしれません。
うかつに飛びつくのは危険かもしれませんが、まず『Windows10 Creators Update』で何が変わるのか
目を通しておいて損はないでしょう。

追加される機能はこちらに詳しく載っています

・参考リンク
◇8カ月ぶりのメジャーバージョンアップ「Windows 10 Creators Update」

「時間がかかるのでいやだ」「すぐにシャットダウンできないのでうっとおしい」と言われる
ことの多い”更新”ですが、ぜひその内容を知って、積極的に機能を利用してみてください。詳しい使い方その他、PCに関すること、お気軽にご質問・ご相談ください。(お)

 

 

 

関連記事

インターネット懸賞

今号のキーワード:「インターネット懸賞」 懸賞に応募する為に、ハガキを書いて投函する。

記事を読む

フリーソフト

今号のキーワード:「フリーソフト」 皆さんはパソコンのソフトをいくつお持ちでしょうか?

記事を読む

ステマ

今号のキーワード:「ステマ」 「捨て間?」「酢手間?」「捨て魔?」・・・でははく、”ステルス・

記事を読む

今号のキーワード:Ahamo(アハモ)

今号のキーワード:Ahamo(アハモ) アロハー!みたいな名前ですが、Ahamo(アハモ)は、

記事を読む

今号のキーワード:Google フォーム

今号のキーワード:Google フォーム Googleフォームとは、誰でも手軽にアンケートや出

記事を読む

今号のキーワード:ネット詐欺

今号のキーワード:ネット詐欺 今回は注意喚起の意味を込めて「新型コロナウイルス」に便乗したネッ

記事を読む

”自炊”とドキュメントスキャナ

今号のキーワード:「”自炊”とドキュメントスキャナ」 最近、iPadなどのタブレッ

記事を読む

今号のキーワード:Googleフォト有料化??

今号のキーワード:Googleフォト有料化?? 無料かつ容量無制限で写真が保存できる人気のクラ

記事を読む

スティック型PC

今号のキーワード:『スティック型PC』 皆さんお持ちのパソコンはどんな形ですか? ノ

記事を読む

OSのサポート期限

今号のキーワード:『OSのサポート期限』 マイクロソフト社のOSである『Windows(ウィン

記事を読む

歴史は繰り返す?

「歴史は繰り返す?」 さてさて2022年もあと1ヵ月となりました

フラッシュフィルで姓名を分割(結合)

]]]]] フラッシュフィルで姓名を分割(結合) ]]]]] ひ

USB Type-C

今号のキーワード:USB Type-C 前回に引き続きまして「U

非表示列を省いてコピー

]]]]] 非表示列を省いてコピー ]]]]] Excelの表の

寒くなりましたね~

「寒くなりましたね~」 何だか「小さな秋」を見つける前に冬がやっ

→もっと見る




PAGE TOP ↑