スペースキー 変換キー 無変換キー

公開日: : パソコン用語の基礎知識

今号のキーワード:『スペースキー』『変換キー』『無変換キー』

文字入力のレッスンで文字の変換を説明しているとき、「入力した文字を漢字に変換するときは、キーボード下の何も書いてない細長いキー(←スペースキーのこと)を押してください」と説明します。

その時受講生から「スペースキーの横に”変換”ってあるけど、これではだめなんですか?」と
聞かれることがあります。
また、「この”無変換”って何のためにあるんですか?」と続けて聞かれることも。

 

『スペースキー』は「漢字に変換」「空白を開け」たりする時によく使いますが、『変換キー』と『無変換キー』の2つは、何のためにあるのでしょうか?
この2つは、昔々に流行した日本語ワープロの名残り。

 

昔のワープロでは、漢字に変換する『変換キー』と、空白を空ける『スペース(空白)』キーというようにそれぞれ、別の重要な役割を担っていました。
また『無変換キー』は、漢字にせずそのまま確定し次へ進むという機能を担当していました。
それぞれのキーに存在意義があったわけです。

でも、パソコンでは『スペースキー』が状況によって変換と空白を担当できるようになり、『変換キー』の役割も担うようになりました。
また変換しない場合も、そのまま確定すればよいわけで『無変換キー』の意味も無くなってしまいました。

では、『変換キー』と『無変換キー』は”無用の長物””意味のないキー”なのでしょうか?

設定にもよりますが、現在のWindowsパソコンでは、『変換キー』は「再変換」、『無変換キー』は「カタカナ変換」に利用することができます。

文字を入力して変換⇒確定した時、変換する漢字を間違えてしまった場合、すぐに『変換キー』を押すと、もう一度変換をやり直すことができます。(スペースだと空白が入ってしまう)
また、変換せずに『無変換キー』を押すと、カタカナ⇒半角カタカナ⇒ひらがなの切り替えができます。

あまり使われることのない可哀そうなキーですが、自分の役目を一生懸命果たそうと頑張っています。
ぜひ思い出して使ってあげてみてください。

詳しい使い方その他、PCに関すること、お気軽にご質問・ご相談ください。(お)

関連記事

年末年始特集

下のコラムにもありますが、年末年始は自宅でテレビを見て のんびり過ごされる方が多いようですね。

記事を読む

LTE

今号のキーワード:「LTE」 LTE(エル・ティー・イー)とは、 携帯電話やスマートフォ

記事を読む

マウスの父

今号のキーワード:「マウスの父」 先月2日、「マウスの父」と呼ばれる博士がお亡くなりになりまし

記事を読む

今号のキーワード:デジタルサイネージ広告

今号のキーワード:デジタルサイネージ広告 って、ご存じですか? 街中を歩いていると、動画

記事を読む

今号のキーワードWindows11

今号のキーワード:Windows11 10月5日にWindows11がリリースされます!

記事を読む

消えたデータの復旧

今号のキーワード:「消えたデータの復旧」 先日テレビで、「削除してしまった(壊れてしまった)ハ

記事を読む

今号のキーワード:Ahamo(アハモ)

今号のキーワード:Ahamo(アハモ) アロハー!みたいな名前ですが、Ahamo(アハモ)は、

記事を読む

Bitcoin

今号のキーワード:『Bitcoin』 今号はニュースなどでも取り上げられる機会の増えてきた『B

記事を読む

4Kテレビ(モニタ)

今号のキーワード:「4Kテレビ(モニタ)」 皆さんは液晶テレビを使っていますか? 地デジ

記事を読む

e-typing(イータイピング)

先日テレビを見ていたら、 「タイピング王選手権」(うろ覚え)のようなことをやっていました。 ~ 

記事を読む

データを連結させる関数

]]]]] データを連結させる関数 ]]]]] セルのデータ&セ

おせち料理

「おせち料理」 いよいよ激動の2021年も押し迫って参りました。

YouTube動画の保存

今号のキーワード:YouTube動画の保存 YouTubeの動画

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー 

■□■ 「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー  ■

断捨離

「断捨離」 さてさて激動の2021年が終わろうとしております。師

→もっと見る




PAGE TOP ↑