『Wi-Fi』

公開日: : パソコン用語の基礎知識

今号のキーワード:『Wi-Fi』

皆さんはインターネットをに繋ぐとき、どうやってつないでいますか?

「モデム」や「ルーター」と呼ばれる弁当箱くらいの機械とパソコンを
ケーブルで繋いで(LANケーブルといいます)接続している方。

「モデム」や「ルーター」から”電波”が飛んでいて、お家のどこにいても
その電波をパソコンがキャッチしてインタネットに繋ぐことができる方。(無線LAN)
いろいろな形があると思います。

最近は後者の「線を繋がずに電波をパソコンで受けてインターネットに繋ぐ」
形が増えているようです。

さて、この電波ですが、一口に「電波」といっても色んな種類があります。

・IEEE 802.11b IEEE 802.11g IEEE 802.11a IEEE 802.11n IEEE 802.11ac

一般的には上記ような無線の種類が使われています。
これらは電波の規格名前で、それぞれ周波数や通信速度、伝わる距離などが異なっています。

電波を受ける側の機械によって対応している規格が違う場合があり、
それぞれの規格の電波を受ける機能がないと通信ができないのですが、
それを確認しようにも規格の名称が似通っていているため、「分かりにくい」という
批判がありました。

そこで、これらの規格には分かりやすい名称がつけられました。
それが『 Wi-Fi 』という名前です。

IEEE・・・なんて難しい名前を覚えなくても、
「Wi-Fiに対応している機器同士は何らかの無線の種類で通信できる。」と覚えれば簡単です。

ちなみに上記の電波の種類は 左⇒右 に行くほど通信速度が速くなっています。
接続する電波の種類を選べるときはなるべく右にある規格を選択するようにしましょう。
詳しい使い方その他、PCに関すること、お気軽にご質問・ご相談ください。(お)

関連記事

危険なパスワード

今号のキーワード:『危険なパスワード』 メールの閲覧やネットショッピング、ネットバ

記事を読む

今号のキーワード:BIOSとはなんぞや?

今号のキーワード:BIOSとはなんぞや? BIOS(バイオス )とはBasic Input O

記事を読む

災害と通信インフラ

今号のキーワード:「災害と通信インフラ」 東日本大震災では、安否確認や被害情報の整理などでイン

記事を読む

Windows 10

今号のキーワード:「Windows 10」 ニュースでもお伝えしたようにMicroso

記事を読む

インターネットラジオ

今号のキーワード:「インターネットラジオ」 職場で仕事中、家事をしている時、お家でのん

記事を読む

『Bitcoin』(ビットコイン)

今号のキーワード:『Bitcoin』(ビットコイン) ちょうどコインチェックの流出問題で取り上

記事を読む

今号のキーワード:Pinterest(ピンタレスト)

今号のキーワード:Pinterest(ピンタレスト) ピンタレストはインターネット上で見つけた

記事を読む

今号のキーワード:楽天モバイル

今号のキーワード:楽天モバイル 楽天市場などでおなじみの楽天グループが提供している携帯サービス

記事を読む

マウスの父

今号のキーワード:「マウスの父」 先月2日、「マウスの父」と呼ばれる博士がお亡くなりになりまし

記事を読む

ビッグデータ

今号のキーワード:「ビッグデータ」 ビッグデータ・・・直訳すると「巨大な情報」といったところで

記事を読む

パンイチ

「パンイチ」 「災害級」とまで言われる新型コロナウィルスの蔓延状

データに単位を付ける

]]]]] データに単位を付ける ]]]]] 前号では「御中」な

今号のキーワード:LINE「Keep」

今号のキーワード:LINE「Keep」 今回はLINEの「Kee

スクール移転予定

■□■ スクール移転予定 ■□■ 1999年にスクールを開校して

手のひら返し

「手のひら返し」 実は私、このオリンピックがはじまる前までは開催

→もっと見る




PAGE TOP ↑