消えたデータの復旧

公開日: : パソコン用語の基礎知識

今号のキーワード:「消えたデータの復旧」

先日テレビで、「削除してしまった(壊れてしまった)ハードディスクのデータを復旧するサービス」が近頃注目を集めている。というニュースを見ました。

私共も、ファイル管理の説明をするときに、”「ゴミ箱」に入れたデータは、「元に戻す」を実行すれば元の場所に戻ります。

ですが、「ゴミ箱を空にする」を実行した場合、パソコン上から永久に消えてしまい、取り戻すことができなくなります。”

”記憶装置が壊れてしまった場合、データは失われてしまいます。” とお話しします。

ある意味これは正しいのですが、それではデータ復旧サービスはなぜ可能なのでしょうか。

それは、記憶装置がPCのデータを記録している仕組みと関係があります。

PC上であるでデータを記録する場合、大雑把に言うと二つの処理が行われます。

一つは、『記憶装置のとある領域に、データが書き込まれる』という処理。

もう一つは、『書き込まれた場所をインデックスに記録する』という処理です。

記憶装置には、データが実際に書き込まれている領域とは別に、「あるデータがどこに書き込まれていて、PC上ではどう管理されているか」という

一覧表(インデックス)があるのです。

これは、データ管理を効率よく行うための仕組みで、処理速度の遅い記憶装置でデータの移動や削除をする際に、その都度データそのもの
を書き換えていたのでは時間がかかってしまいます。

そこで、データの書きこまれている場所を変えずに、インデックスでPC上の場所のみを書き換えたり、削除したりすれば”見かけ上”データの移動や削除を素早く行うことができます。

ということは、PC上でゴミ箱から削除されたデータや何らかの障害で見えなくなってしまったデータは、インデックスの情報が消えるだけで、実際のデータは削除されていないということに
なります。

『データ復旧サービス』はこれを利用し、記憶装置のデータの書きこまれた領域を検出して直接データを取り出しています。

ただ、インデックス情報が消えているので、データを取り出すためには時間と労力がかかります。

ですので、『データ復旧サービス』は比較的高額になってしまうのです。

(もちろん、必ず復旧できるわけではありません。)

災害で起動しなくなってしまったPCから大切なデータを復旧したい。

誤って初期化してしまったパソコンを何とか利用したい。

など、データ復旧サービスは今後身近なものになってくるかもしれません。

詳しい使い方その他、PCに関すること、お気軽にご質問・ご相談ください。(お)

 

関連記事

3Dプリンタ

今号のキーワード:『3Dプリンタ』 数年前から話題になっている「3Dプリンタ」。 ニュースな

記事を読む

メルカリ

今号のキーワード:『メルカリ』 皆さんのお家に、売りに出したいものはありませんか? 昔集めて

記事を読む

フリーWi-Fi スポットを利用する際の注意点

今号のキーワード:「フリーWi-Fi スポットを利用する際の注意点」 東京オリンピックの影響も

記事を読む

ランサムウェア

今号のキーワード:『ランサムウェア』 ここ1ヶ月くらいでかなり話題になった「ランサムウェア」。

記事を読む

インターネット懸賞

今号のキーワード:「インターネット懸賞」 懸賞に応募する為に、ハガキを書いて投函する。

記事を読む

ステマ

今号のキーワード:「ステマ」 「捨て間?」「酢手間?」「捨て魔?」・・・でははく、”ステルス・

記事を読む

スティック型PC

今号のキーワード:『スティック型PC』 皆さんお持ちのパソコンはどんな形ですか? ノ

記事を読む

今号のキーワード:マイナポイント

今号のキーワード:マイナポイント マイナポイントは、キャッシュレス決済の普及・マイナンバーカー

記事を読む

IoT(アイオーティー)

今号のキーワード:「IoT(アイオーティー)」 「インターネットで何かをする」と聞いたとき、何

記事を読む

「Gyao!」(無料動画サイト「ギャオ」)

今号のキーワード:「Gyao!」(無料動画サイト「ギャオ」) ・無料動画 GYAO! 今号は

記事を読む

朝カツ

「朝カツ」 いつの間にか梅が散って桜も満開。何しろこのご時世です

グラフの簡単作成

]]]]] グラフの簡単作成 ]]]]] 一生懸命編集してやっと

今月のキーワード:SIMフリーノートPC

今月のキーワード:SIMフリーノートPC 外出先でノートPCをイ

第11回 CPU大賞受賞「スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい」

■□■ 第11回 CPU大賞受賞「スペースキーで見た目を整えるのは

回してこそ

「回してこそ」 どうなんでしょうか。感覚的には去年の3月頃から「

→もっと見る




PAGE TOP ↑