USB(Universal Serial Bus:ユニバーサル・シリアル・バス)

公開日: : パソコン用語の基礎知識

今号のキーワード:「USB(Universal Serial Bus:ユニバーサル・シリアル・バス)」

パソコンで作成したデータを持ち歩く際、昔はフロッピーディスクがよく利用されていました。

ですが最近のパソコンにはフロッピーディスクを読み取る装置が付いていません。

CDやDVDに保存することもできますが、上書きや消去ができなかったりと、あまり便利なメディアとは言えません。

代わりに利用されているのが、「USBフラッシュメモリ(メモリスティック)」です。

すでにお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

USBというパソコンの前/側/後面にある細長い端子に差し込んで、データの保存を行うことができます。

このUSBという端子は最近のパソコンには必ず付いているものなのですが、一体どういうものなのでしょうか?

USBは、パソコンと周辺機器との間でデータを伝送することのできる規格で、その共通化・統一を目的としてMicrosoftやIntelらによって開発されました。

昔のパソコンは「プリンタ」「キーボード」「マウス」「モデム」「スキャナ」と接続したい機器ごとに端子の形が違い、決まった端子にしか差し込むことができませんでした。

また、パソコンを起動中に端子に機器を差し込んだり、抜いたりすることが禁止されていました。

これではパソコンを使っていろんなことをやろうとするときに大変不便です。

そこで考え出されたのが「USB」という規格なのです。

USBではハブという機械を設ければ最大で127個まで増設可能であることや、本体が起動している最中でも抜き差しできる(ホットプラグと言います)ことなどが可能になっています。

データを送る速度に関しても、今までの規格とは比べ物にならない早さです。

これから皆さんのパソコンライフにおいて必ずお世話になるだろう端子、USB。

ぜひその名前だけでも覚えておいてください。

 

 

エランドショップ|USBメモリー特集~おもしろ系USB・かわいい系USB・キャラクター系USB・フード系USB・ビジネス系USB~

Screenshot of pcshop.shop-pro.jp

 

 

 

関連記事

マイナポータル

今月のキーワード:マイナポータル   相次ぐマイナンバー誤登録のニュースに自分

記事を読む

東北地方太平洋沖地震

今号のキーワード:「東北地方太平洋沖地震」 地震、そして、その後の津波。 改めて、被害に

記事を読む

Windows10のアップグレードをキャンセルする

今号のキーワード:「Windows10のアップグレードをキャンセルする」 パソコン用語

記事を読む

危険なパスワード

今号のキーワード:『危険なパスワード』 メールの閲覧やネットショッピング、ネットバ

記事を読む

OpenChat(オープンチャット)

今号のキーワード:OpenChat(オープンチャット) コミュニケーションアプリのLINE。

記事を読む

今号のキーワード:eスポーツ

今号のキーワード:eスポーツ eスポーツとは、「エレクトニック・スポーツ」の略で、格闘技やスポ

記事を読む

デュアルカメラ

今号のキーワード:『デュアルカメラ』 皆さん、デジカメって最近使っていますか? 昔はデジカメ

記事を読む

今号のキーワード:LINE「Keep」

今号のキーワード:LINE「Keep」 今回はLINEの「Keep」機能のご紹介! トー

記事を読む

OSのサポート期限

今号のキーワード:『OSのサポート期限』 マイクロソフト社のOSである『Windows(ウィン

記事を読む

1GB(ギガバイト)とは

今月のキーワード:1GB(ギガバイト)とは スマホを契約をするときに、通話やデータ通信の料金プ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グレゴリオ暦万歳

「グレゴリオ暦万歳」 2024年も早や1ヵ月が過ぎました。今年は

インターネットで使用するショートカットキー

]]]]] インターネットで使用するショートカットキー ]]]]]

個人用Vault

今月のキーワード:個人用Vault OneDrive内にある「個

例え暮れが暮れらしくない暮れでも静かに暮れていくのだ

「例え暮れが暮れらしくない暮れでも静かに暮れていくのだ」 さぁ、

UNIQUE関数

]]]]] UNIQUE関数 ]]]]]   売

→もっと見る

PAGE TOP ↑