昭和は遠くなりにけり

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 したまち爆笑コラム

image31[1]つい先日携帯電話を最新型に機種変更をしたのですが、
誰からもメールや電話がきません・・・。
急に寒くなった12月の風が肌身に凍みる今日この頃です。

 

さて私の記憶では「タイムスリップグリコ」発売辺りから「昭和ノスタルジー」的ブームが徐々に高まり、現在「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の公開でそのブームは頂点に達しているように思われます。
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]

 

書店には以前ご紹介したデアゴスティーニ・ジャパンの「週刊 昭和タイムズ」を始め、多くの昭和30~40年代の写真集やエッセイなどが平積みにされています。
週刊 昭和タイムズ 64年の記録と記憶 1977(昭和52年) 40号

 

かくいう私も昭和36年北千住の生まれでありまして、「東京のちょっと昔―30年前の下町風景」な~んていう写真集を買い求め、ほろ酔い加減でパラパラ眺めては、一人「昭和ノスタルジー」に浸っている次第でございます。
東京のちょっと昔―30年前の下町風景

 

先日、私小学校のクラス会の幹事をやらせていただきまして、連絡をする際気がついたのが、卒業アルバム住所録の電話番号の横に点在する(呼)の文字。

そうです、まだプライバシーやら個人情報やらの存在すら知らなかった頃の「呼び出し電話」(電話を持っている人に着信させ、電話を受けた人が呼び出す人をその人の家まで呼びに行くもの/ウィキペディアより)
つまり、当時はまだ自宅に電話を持っていない家庭がまだクラスに半数近くあり、仮に自宅に電話があったとしてもそれは緊急時にしか使ってはいけない代物だったのですなぁ。

冒頭にも書きました通り、私携帯を機種変更いたしまして。
よく分からないのですが「SUIKCA(電子マネー)」の機能がついており、悪戦苦闘して設定を終えて、おっかなびっくりコンビニでお菓子を買ってみました。
すると「チャリーン」という音が。
子供の頃自宅の黒電話の横に「電話料金」とマジックで書かれた貯金箱と3分の砂時計が母によって設置されておりました。
つまり電話をかけるにはまず10円を貯金箱に入れ、3分以内に会話を終えろ。
という我が家の掟。そして「チャリーン」という音。

そんな厳しくも愛すべき母も他界し、時代は携帯電話で買い物が出来るようになり、そして私の携帯には今日も誰からもメールも電話もきません・・・。

そしてもうすぐ12月かぁ。

関連記事

読書のススメ

「読書のススメ」 さてさて今年も早や1ヵ月が経ちましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 かつて

記事を読む

AKY2011(明けたらきっと良い年2011)

あれれ・・・ついこの間年末のコラムを書いたと思ったら、もう年末ですかぁ。 なんかいつの頃からか

記事を読む

そうっだったのか!

う~む...まぁ何と申しますか、京都議定書の目標数値(よく知らないけど)をなかなか遵守出来ない為か温

記事を読む

初夢

さてさて平成28年も早や1ヶ月が過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか? 今更ではあり

記事を読む

渦中お見舞い申し上げます

「渦中お見舞い申し上げます」 それにしても長い梅雨でしたねぇ。この駄文がアップされる頃には梅雨

記事を読む

新素材

いよいよ2006年も終わりに近づいて参りましたが、皆さん如何お過ごしで しょうか。 先日TV

記事を読む

♪江ノ島がみ~え~て、き~た~♪

以前初めて夫婦で湘南の「江ノ島」に行ったときの事。 まぁ、とりあえず展望台に行ってみようと。 楽

記事を読む

手のひら返し

「手のひら返し」 実は私、このオリンピックがはじまる前までは開催に大反対でありました。

記事を読む

新緑の頃

3月11日に発生した東日本大震災により、 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

記事を読む

孤独を癒す?アプリ

  朝晩めっきり寒くなってまいりしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

データを連結させる関数

]]]]] データを連結させる関数 ]]]]] セルのデータ&セ

おせち料理

「おせち料理」 いよいよ激動の2021年も押し迫って参りました。

YouTube動画の保存

今号のキーワード:YouTube動画の保存 YouTubeの動画

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー 

■□■ 「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー  ■

断捨離

「断捨離」 さてさて激動の2021年が終わろうとしております。師

→もっと見る




PAGE TOP ↑