昭和は遠くなりにけり

公開日: : 最終更新日:2022/05/10 したまち爆笑コラム

image31[1]つい先日携帯電話を最新型に機種変更をしたのですが、
誰からもメールや電話がきません・・・。
急に寒くなった12月の風が肌身に凍みる今日この頃です。

 

さて私の記憶では「タイムスリップグリコ」発売辺りから「昭和ノスタルジー」的ブームが徐々に高まり、現在「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の公開でそのブームは頂点に達しているように思われます。
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]

 

書店には以前ご紹介したデアゴスティーニ・ジャパンの「週刊 昭和タイムズ」を始め、多くの昭和30~40年代の写真集やエッセイなどが平積みにされています。
週刊 昭和タイムズ 64年の記録と記憶 1977(昭和52年) 40号

 

かくいう私も昭和36年北千住の生まれでありまして、「東京のちょっと昔―30年前の下町風景」な~んていう写真集を買い求め、ほろ酔い加減でパラパラ眺めては、一人「昭和ノスタルジー」に浸っている次第でございます。
東京のちょっと昔―30年前の下町風景

 

先日、私小学校のクラス会の幹事をやらせていただきまして、連絡をする際気がついたのが、卒業アルバム住所録の電話番号の横に点在する(呼)の文字。

そうです、まだプライバシーやら個人情報やらの存在すら知らなかった頃の「呼び出し電話」(電話を持っている人に着信させ、電話を受けた人が呼び出す人をその人の家まで呼びに行くもの/ウィキペディアより)
つまり、当時はまだ自宅に電話を持っていない家庭がまだクラスに半数近くあり、仮に自宅に電話があったとしてもそれは緊急時にしか使ってはいけない代物だったのですなぁ。

冒頭にも書きました通り、私携帯を機種変更いたしまして。
よく分からないのですが「SUIKCA(電子マネー)」の機能がついており、悪戦苦闘して設定を終えて、おっかなびっくりコンビニでお菓子を買ってみました。
すると「チャリーン」という音が。
子供の頃自宅の黒電話の横に「電話料金」とマジックで書かれた貯金箱と3分の砂時計が母によって設置されておりました。
つまり電話をかけるにはまず10円を貯金箱に入れ、3分以内に会話を終えろ。
という我が家の掟。そして「チャリーン」という音。

そんな厳しくも愛すべき母も他界し、時代は携帯電話で買い物が出来るようになり、そして私の携帯には今日も誰からもメールも電話もきません・・・。

そしてもうすぐ12月かぁ。

関連記事

恵方巻き

初めてこの単語を目にしたのはいつ頃だったでしょうか。 「恵方巻き」 ウィキペディアにより

記事を読む

「~風」

「~風」 早いものでゴールデン・ウイークも終わってしまいましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?

記事を読む

天幕生活

さてさて風薫る五月、新緑の季節となりましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 私はといえばこれまで

記事を読む

行き着く先は・・・

行き着く先は・・・ いやはや1年で一番清々しくて気持ちのいい季節ですねぇ。 連休中、皆さんは

記事を読む

やさぐれたいお年頃

もう皆さんはお花見しましたか~? 桜の木の下、ほろ酔いで過ごすのは至福の時でありますな

記事を読む

子丑寅卯辰巳・・・

さてさて、またまた今年も早いもので1ヶ月が経ってしまいました。 世界のナベアツが3の倍数でアホにな

記事を読む

ま、いっか・・・。

本年も早や1か月が過ぎました。皆様いかがお過ごしでしょうか? さて、私的には今年2007年は娘の受

記事を読む

さよならだけが人生だ!

さよならだけが人生だ! この駄文が掲載される頃はもう葉桜になっているかと思いますが、 ただ今

記事を読む

♪江ノ島がみ~え~て、き~た~♪

以前初めて夫婦で湘南の「江ノ島」に行ったときの事。 まぁ、とりあえず展望台に行ってみようと。 楽

記事を読む

鉄鍋偏愛者の悲劇

「鉄鍋偏愛者の悲劇」 さてさて、2017年も早や1ヶ月が過ぎましたが皆様いかがお過ごし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

歴史は繰り返す?

「歴史は繰り返す?」 さてさて2022年もあと1ヵ月となりました

フラッシュフィルで姓名を分割(結合)

]]]]] フラッシュフィルで姓名を分割(結合) ]]]]] ひ

USB Type-C

今号のキーワード:USB Type-C 前回に引き続きまして「U

非表示列を省いてコピー

]]]]] 非表示列を省いてコピー ]]]]] Excelの表の

寒くなりましたね~

「寒くなりましたね~」 何だか「小さな秋」を見つける前に冬がやっ

→もっと見る




PAGE TOP ↑