適材適所

公開日: : 最終更新日:2022/05/10 したまち爆笑コラム

images34[1]先日誕生日を迎えましてほぼ半世紀を生きております私でございますが、
何故か全てがB級志向。
つまり「一流・・・」とか、「最高級・・・」とかと呼ばれる「どーだまいったか的貧乏人は帰れ級」のレストランや品物を目の前にすると、即座に「ハイ!まいりました的すぐに帰らせていただきます級」の超小市民と化してしまうのであります。

そんな私でございますから、かつて1度だけ日比谷にあるT国ホテルのディナーに家族で招待いただいた際(平たく言うとオゴッテいただいた)時などはもう大変。
まずはシャツやらスラックスをわざわざ買いに行くことから始まり、もう当日は一世一代の晴れ舞台、清水の舞台から飛び降りる覚悟で日比谷線に乗り込む私。

店内は言わずと知れたTホテルのグリルですから、重厚かつ繊細それでいてまったりとした雰囲気。
当たり前ですが、北千住の焼き鳥屋とは全く違って、お通しなんか出てこない。
段取りが分からずとりあえずヘラヘラする私。

気持ちを落ち着かせようと、いつもより早いペースでアルコールを飲んでしまったのが悪かったのか、「話し声が大きくて恥ずかしい」と娘に怒られてしまい「都会の夕日は綺麗だネ」などと訳の分からぬことを言い出す始末。

「あぁ、もう一生こんなところで食事をすることはないだろうなぁ…。
一口一口味わって食べないとなぁ…」と謙虚に食事をしていた私でありますが、後半いよいよアルコールが回るにつれて、何故か「折角、高級な食事をしたのだから、なんつーか高級に帰らなければいけない!」と思うに至り、
「つーことは日比谷線で帰るのではなく、まだ9時位だけれど贅沢にタクシーで帰ってしまえぇぇぇぇ!」と無駄に気が大きくなってしまった私。

あぁ、しかし慣れないことはあんましするものではないですねぇ。
自宅に着きタクシーを降りる際、ドライバーに領収証をもらう私。
「何かのときに役に立つかも知れないから、一応領収証はもらっとかないとネ」たったの20分で元通りのB級小市民に戻ってしまった私なのでした。

関連記事

サブスク

「サブスク」 ほんの1か月前の暮れ正月。劇的にコロナが収束してホッと一息ついていたのが、今や嘘

記事を読む

あだ名

「あだ名」 さてそろそろ「梅雨入りの声」も聞こえてまいりましたが、皆様如何お過ごしでし

記事を読む

忘れ物防止

「忘れ物防止」 緊急事態宣言発令中のゴールデンウィーク。皆様いかがお過ごしでしょうか。

記事を読む

運命的な出会い

「運命的な出会い」 しばらくお休みをしているうちになんと12月!あっという間の年の瀬で

記事を読む

名物にうまいものなし?

「名物にうまいものなし?」 さて我が家の猫の額ほどの庭の梅も、ようやくほころび始めて参りました

記事を読む

見知らぬ自分

ちょいと事情がございまして、しばらくお休みをさせていただいておりましたが、皆様にはお変りございません

記事を読む

読書のススメ

「読書のススメ」 さてさて今年も早や1ヵ月が経ちましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 かつて

記事を読む

煙突の見える場所

さてさて、まるでスイッチが入ったかのように季節が変わり、寒暖の差が激しい今日この頃ではありますが、皆

記事を読む

日本の夏、節電の夏

数百年に一度、いや千年に一度の国難である。 被災された方々を想うと、ただただ切なく...

記事を読む

アナログで悪かったね

さてさて、毎年の事ながら今年も残すところあと1ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2022 夏の終わり

「2022 夏の終わり」 早朝荒川の土手をウォーキングしているの

webページ 履歴の表示

]]]]] webページ 履歴の表示 ]]]]] ネット検索で、

「Google」と「Chrome」

今号のキーワード:「Google」と「Chrome」 検索と言え

webページ 閉じたタブの復元

]]]]] webページ 閉じたタブの復元 ]]]]] インター

土用の丑の日は…

「土用の丑の日は…」 ついこの間まで「もう普通に生活していいんだ

→もっと見る




PAGE TOP ↑