顔の本

公開日: : 最終更新日:2022/05/10 したまち爆笑コラム

image80[1]東日本大震災から早1年が経とうとしています。被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。そして1日も早い復旧を祈って止みません。

さて、先日もう20年以上音信がなかった知人と連絡がつきました。

そして今年55歳になる彼が小学1年と幼稚園に通うお子さんに恵まれ、幸せな家庭生活を送っていること。

また、このあいだの東京マラソンに出場して4時間18分52秒で完走したことを知り、お祝いのメッセージを送らせてもらいました。

さぁ、何故彼の消息が分かったかといいますと、そうです。

このところ話題のFB(フェイスブック)を通じてなんです。

このFB、私も始めたばかりで良くは分からないのですが

「実名で登録する社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事」
ということらしい。

他のサービス(mixiやGREE)と決定的に異なる点が「実名で登録」をする点。

この個人情報管理が異常に厳しくなった現在、ある意味真逆なサービスではあります。

(ただし個人情報を開示する範囲は管理出来る)

そして「友達の友達はみな友達」的発想で、「この人も知り合いじゃないの?」と、どんどん情報を流してくれます。
見ればとにかく実名で登録してあるわけですから、かなりの確率で知り合い。

もともと友達の少ない私ですが、ただ今37人の方と「友達申請」が成立しております。

2012年1月現在、8億人以上のユーザーがいるといわれるこのFB。

確かにこのサービスを利用しなければ、二度と巡り会えなかったであろう人達と交流を再開できたわけで、今のところ楽しく活用しておりますが、やはりこの手のものは「両刃の剣」。

使い方、使われ方によっては危険なツールに化してしまうことを念頭に置いておかなければいけませんね。

ただし、冒頭でも申し上げましたがあの震災から1年。
あの日私も、携帯やメールで家族との連絡が取れず不安な時間を過ごしました。
緊急時の連絡ツール、情報獲得ツールとしてこのFBやmixiが有効とも言われています。

3・11を前にご家族で検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

Facebook – フェイスブック – ログイン (日本語)

 

関連記事

昔、来々軒。そして今は

なんだかすっきりしない夏でしたねぇ。 また、ここにきてインフルエンザが蔓延している様子。 季節の

記事を読む

ラーメンと私

まぁ、なんといいますか・・・ 最近では深夜の公園とかで、若者にしか聞こえない超音波(モスキート音)

記事を読む

ネーミング

何かに「名前を付ける」という事は結構難しいものですよネ。 子供に名前をるける、新商品に名前を付ける

記事を読む

no image

ちょっと真面目なお話

またまたやって来ました師走。なんだかガソリンを始め諸物価高騰の年の瀬ではございますが、皆様如何お過ご

記事を読む

寒くなりました

毎度毎度でございますがいよいよ今年もあと一ヶ月。 押し詰まって参りましたが皆様如何お過ごしでしょう

記事を読む

見知らぬ自分

ちょいと事情がございまして、しばらくお休みをさせていただいておりましたが、皆様にはお変りございません

記事を読む

いかにも~な…

さて、ゴールデンウィーク。おしゃれをしてお出掛けの予定をされている方もいらっしゃるのではないでしょう

記事を読む

竜虎(タイガー&ドラゴン)

とあるうららかな五月の昼下がり。 私は駅前通りから少し入ったカレー専門店のドアをくぐった。「カラン

記事を読む

紛らわしいったらありゃしない

梅が咲き、桜が咲き...いつの間にか季節はすっかり春。 皆様如何お過ごしでしょうか。 花冷えの週

記事を読む

吉祥寺 いせや

「吉祥寺 いせや」 さてさて今年も残り1か月となりました。皆様にはお変わりありませんでしょうか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2022 夏の終わり

「2022 夏の終わり」 早朝荒川の土手をウォーキングしているの

webページ 履歴の表示

]]]]] webページ 履歴の表示 ]]]]] ネット検索で、

「Google」と「Chrome」

今号のキーワード:「Google」と「Chrome」 検索と言え

webページ 閉じたタブの復元

]]]]] webページ 閉じたタブの復元 ]]]]] インター

土用の丑の日は…

「土用の丑の日は…」 ついこの間まで「もう普通に生活していいんだ

→もっと見る




PAGE TOP ↑