横井さん発見から41年

公開日: : したまち爆笑コラム

image137先日立ち上がる時に思わず出てしいまった掛け声
「ヨッコイ、しょーいち」
嗚呼そういえば居たなぁ、横井庄一さん。

横井 庄一(よこい しょういち、1915年3月31日 – 1997年9月22日)は、
元日本兵である。
太平洋戦争(大東亜戦争)終結から28年目、アメリカ合衆国領グアム島で
地元の猟師に発見された。
栄典は勲七等青色桐葉章。(ウィキペディアより抜粋)

グアム派遣から約28年後の1972年(昭和47年)に発見されたっつーから、
当時私11歳。
他のニュースとしましては、田中角栄、最年少の総理大臣に就任
、悲願の沖縄返還実現、沖縄県の誕生
ノーベル賞作家・川端康成がガス自殺、連合赤軍”総括”で14名殺害
「あさま山荘事件」etc。

これだけ見てもまぁ、戦後昭和のど真ん中。
私もバリバリの下町のガキでありました。

そして話は変わりますが、今電子書籍(kobo)で読んでいる
ノンフィクションが増田俊也著「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」新潮社から出版されている単行本はなんと2段組み700ページを超える大著。

持ち歩いて読むにはあまりに分厚い本でありますが、
電子書籍(kobo)での読書なのでラクチン。

(電子書籍とは、紙に印刷をし、書店やサイトで購入するハードコピーを
手にして読む書籍とは異なり、電子機器を利用して読む書物。)

さて、前述の横井庄一さんがグアムで発見されてから41年。
当時コンピューターなんてお茶の水博士みたいな科学者が研究所で使うもの
と思っておりました。

それが今やパソコンで物事を調べ、パソコンで書籍データを購入、
どれほどの大著でも気軽に電子書籍で読書が可能な時代。
あの頃からすると正に「未来」に生きている、といった感じもいたします。

今日は秋晴れのいい天気。電子書籍もいいけど、書店をぶらぶらするのも好きな私。
面白そうな本を探しに、駅前の書店まで散歩がてら歩いてみますか。

「ヨッコイ、しょーいち」   (ま)

関連記事

配役

突然でありますが、夫婦が会話をする「救心」のテレビCMをご存知でしょうか。 このCM、なにしろ商品

記事を読む

何する?

いよいよ2013年も終わりますねェ。 暮れの忙しい中、皆さんは如何お過ごしでしょうか。 20

記事を読む

ノザキの・・・といえば?

日の並びが良くないとはいえ、いわゆる「ゴールデンウィーク」でありますが、 皆様如何お過ごしでしょう

記事を読む

読書のススメ

「読書のススメ」 さてさて今年も早や1ヵ月が経ちましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 かつて

記事を読む

日本版『マディソン郡の橋』

「暑さ寒さも彼岸まで」などと申しますが、皆様には如何お過ごしでしょうか。 さて、先日何気に観た

記事を読む

ちゃんとした…

さて梅雨真っ盛り。皆様如何お過ごしでしょうか。 まぁ、なんと言いますか、50年近く生きてきて思いま

記事を読む

ブログの勧め

何をするにも何を食べるにも、いい季節になって参りましたねぇ。 皆様にはお変わりありませんか?

記事を読む

1ピース

今日(27日)は東京でも雪が降りました。三寒四温と申しますが、 少しだけ春が遠のいたような気がしま

記事を読む

先日の20日。当スクールの忘年会には、年の瀬のお忙しい時期にもかかわらず、多数ご参加いただき、誠に有

記事を読む

さらば恋人

さてさてロンドン五輪も始まって、色々な意味で熱い夏真っ盛りでありますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

不寛容はつらいよ

「不寛容はつらいよ」 激動のといいますか、かつて経験をしたことの

翻訳機能

]]]]] 翻訳機能 ]]]]] この単語、英語で何という?

今号のキーワード:マイナポイント

今号のキーワード:マイナポイント マイナポイントは、キャッシュレ

著者が解説人気ビジネス書に出演決定

著者が解説人気ビジネス書に出演決定 ■□■ 大人たちがずっと学び

「まだ」OR「もう」

「「まだ」OR「もう」」 まずは新型コロナウィルスでお亡くなりに

→もっと見る




PAGE TOP ↑