横井さん発見から41年

公開日: : したまち爆笑コラム

image137先日立ち上がる時に思わず出てしいまった掛け声
「ヨッコイ、しょーいち」
嗚呼そういえば居たなぁ、横井庄一さん。

横井 庄一(よこい しょういち、1915年3月31日 – 1997年9月22日)は、
元日本兵である。
太平洋戦争(大東亜戦争)終結から28年目、アメリカ合衆国領グアム島で
地元の猟師に発見された。
栄典は勲七等青色桐葉章。(ウィキペディアより抜粋)

グアム派遣から約28年後の1972年(昭和47年)に発見されたっつーから、
当時私11歳。
他のニュースとしましては、田中角栄、最年少の総理大臣に就任
、悲願の沖縄返還実現、沖縄県の誕生
ノーベル賞作家・川端康成がガス自殺、連合赤軍”総括”で14名殺害
「あさま山荘事件」etc。

これだけ見てもまぁ、戦後昭和のど真ん中。
私もバリバリの下町のガキでありました。

そして話は変わりますが、今電子書籍(kobo)で読んでいる
ノンフィクションが増田俊也著「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」新潮社から出版されている単行本はなんと2段組み700ページを超える大著。

持ち歩いて読むにはあまりに分厚い本でありますが、
電子書籍(kobo)での読書なのでラクチン。

(電子書籍とは、紙に印刷をし、書店やサイトで購入するハードコピーを
手にして読む書籍とは異なり、電子機器を利用して読む書物。)

さて、前述の横井庄一さんがグアムで発見されてから41年。
当時コンピューターなんてお茶の水博士みたいな科学者が研究所で使うもの
と思っておりました。

それが今やパソコンで物事を調べ、パソコンで書籍データを購入、
どれほどの大著でも気軽に電子書籍で読書が可能な時代。
あの頃からすると正に「未来」に生きている、といった感じもいたします。

今日は秋晴れのいい天気。電子書籍もいいけど、書店をぶらぶらするのも好きな私。
面白そうな本を探しに、駅前の書店まで散歩がてら歩いてみますか。

「ヨッコイ、しょーいち」   (ま)

関連記事

その道の達人

全くバタバタしているうちに今年も終わろうとしております。 私がもしもオカマさんだったら「もう!どー

記事を読む

「例えば」

比喩(ひゆ)という表現方法がございます。 辞書によりますと「ある物事を、類似または関係する他の

記事を読む

読書のススメ

「読書のススメ」 さてさて今年も早や1ヵ月が経ちましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 かつて

記事を読む

サウナでQ

子供の頃、ウルトラQのオープニング「これから30分間、あなたの眼はあなたの体を離れ、この不思議な世界

記事を読む

看板の思い出

「看板の思い出」 「秋の日はつるべ落とし」などと申しますが先頃までの暑さが嘘のよう、すかりと秋

記事を読む

そうっだったのか!

う~む...まぁ何と申しますか、京都議定書の目標数値(よく知らないけど)をなかなか遵守出来ない為か温

記事を読む

♪江ノ島がみ~え~て、き~た~♪

以前初めて夫婦で湘南の「江ノ島」に行ったときの事。 まぁ、とりあえず展望台に行ってみようと。 楽

記事を読む

ときめきの季節

私は大雑把にできているので平気なのですが、花粉症の方には辛い季節のようですねぇ。 皆様は如何お

記事を読む

「まだ」OR「もう」

「「まだ」OR「もう」」 まずは新型コロナウィルスでお亡くなりになられた皆様にはお悔やみを。

記事を読む

何する?

いよいよ2013年も終わりますねェ。 暮れの忙しい中、皆さんは如何お過ごしでしょうか。 20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「2021読者が選ぶビジネス書グランプリ」エントリー

■□■ 「2021読者が選ぶビジネス書グランプリ」 エントリー ■

熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍

「熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍」 「激動の」と申し

ホームページのショートカット

]]]]] ホームページのショートカット ]]]]] インターネ

今号のキーワード:Chromecast(クロームキャスト)

今号のキーワード:Chromecast(クロームキャスト) スマ

昭和の健康器具

「昭和の健康器具」 さてさて激動・激変の2020年も残すところ1

→もっと見る




PAGE TOP ↑