衝動買いと呼ばないで

公開日: : 最終更新日:2022/05/10 したまち爆笑コラム

image140年明け早々恐縮でありますが、女房によく言われる言葉がございます。

「何かを買うならそれまで持っていたものを捨ててからにしなさい(怒)」と。

ま、そりゃそーですよね。その理屈は分からないでもない。でも私は言いたい。

例えば新しいギターを買うにあたって、高1の時から使っているギターを捨てるわけにはいかないでしょ?と。

例えば既に飼い猫が居たのに、鹿児島から捨て猫を連れてきたのは貴女でしょ?と。
つまり2匹目の猫を飼うために、先住猫を捨てるわけにはいかないでしょ?と。
ま、理屈としては理解できても、その道理が全ての事象に当てはまるわけではないと。

であるからして、今日私が浅草のド〇キホーテで運命的な出会いをした
「鉄鋳物製 たこ焼きプレート 16穴」(¥980)を「清水の舞台から飛び降りる思い」で
購入せざるを得なかったことも貴女はきっと理解出来る事でしょう。

そりゃ確かに20年くらい前に買った、同じ鋳物製の「たこ焼きプレート」はあるにはある。
だがしかし、残念なことに先日これでたこ焼きを焼いたところ、油なじみがいまいちで
焦げ付いてしまったのだ。

「それじゃ油をなじませればいいじゃないの!(怒)」と貴女は言うかもしれない。
でも今度見てごらん。
具を入れる穴が若干小さくて大ぶりのタコを入れられないのでありますよ。

そして数年前、一度に24個焼けるたこ焼き専用のホットプレートを買いましたよ。ええ。
でもやっぱり電気だとねぇ。
な~んか外側が「カリッ」と焼けないのですよぉ。

で、まぁ本日3台目の「たこ焼きプレート」購入、となったわけであります。
「じゃ、穴が小さい鋳物製のプレートと電気のプレートを捨てなさい!(怒)」と
貴女は言うかも知れない。
でもこれからの人生で「小さなたこ焼き」や「外がカリッとしていなくいてもいいから
一度に24個焼けるたこ焼き」が食べたくなることがあるかも知れない・・・。

それに何より何故か「たこ焼き器が3台もある家庭」というのもチョット面白いじゃ
ありませんか。
きっと聡明で理解のある貴女でありますから、きっと本日の買い物を心から
喜んでくれることと思う私であります。(ま)

※ゲゲゲ、このコラムを読むまで我が家に3代目のたこ焼き器がきたのをが知らなかった(妻)

関連記事

アラカンと聞いて嵐寛寿郎を思い浮かべたアナタへ

「アラカンと聞いて嵐寛寿郎を思い浮かべたアナタへ」 お彼岸も終わり、すっかり秋めいてまいり

記事を読む

読書のススメ

「読書のススメ」 さてさて今年も早や1ヵ月が経ちましたが皆様如何お過ごしでしょうか。 かつて

記事を読む

夏の思い出

「夏の思い出」 さて、何だかピリッとしないと言いますか、はっきりしない夏が終わろうとしています

記事を読む

魔法の箱

「魔法の箱」 先日カレーと冷やご飯をレンジでチンして食べておりました。ごくごく日常的な光景であ

記事を読む

ときめきの季節

私は大雑把にできているので平気なのですが、花粉症の方には辛い季節のようですねぇ。 皆様は如何お

記事を読む

今はもう秋

どうにかこうにか秋の気配も漂って参りました。 さて、秋と申しますと「食欲の秋」「スポーツの秋」

記事を読む

熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍

「熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍」 「激動の」と申しますか、「激震の」と申しますか

記事を読む

かつてのロミオとかつての…

桜の季節といえば出会いと別れの季節でもございますネ。 まぁ、そこそこ生きて参りますと誰しもそこそこ

記事を読む

日本の夏といえば

「日本の夏といえば」 なんともう梅雨明け!(6月29日発表)長い猛暑になりそうですねぇ。 熱

記事を読む

渦中お見舞い申し上げます

「渦中お見舞い申し上げます」 それにしても長い梅雨でしたねぇ。この駄文がアップされる頃には梅雨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ラップで防災

「ラップで防災」 さぁいよいよ桜の季節となりますが、皆様如何お過

ウィンドウ操作はショートカットキーで!

]]]]] ウィンドウ操作はショートカットキーで! ]]]]]

Live Photos(ライブフォト)

今月のキーワード:Live Photos(ライブフォト) iPh

そんなことも知らないの?と思われたくない社会人のパソコンスキル大全

■□■ そんなことも知らないの?と思われたくない社会人のパソコンス

グレゴリオ暦万歳

「グレゴリオ暦万歳」 2024年も早や1ヵ月が過ぎました。今年は

→もっと見る

PAGE TOP ↑