あなたもきっと

公開日: : したまち爆笑コラム

image95今年は梅雨入りが、過去3番目の早さだそうでございます。

しばし鬱陶しい日々が続くと思われますが、健康に気を付けて乗り切って参りましょう。

さて梅雨とはま~ったく関係ありませんが、時々「あぁ、ほとほと俺は小市民だなぁ」と思う時がございます。

例えば鰻(松・竹・梅))を食べる場合、所持金の有る無しにかかわらずとてもとても「松」を頼む事が出来ません。

つまり
「私ごときがそんな上等なものをいただくなんざぁ、滅相もございません。ははぁーっ。(土下座)」
と、突如スーパー小市民に変身してしまう私なのでございます。

ではそもそも「小市民」の定義とは何ぞや。

ネットで調べてみますと
「小さな資本・生産手段を所有しつつ自ら労働する商工業者・農民。
中産階級。プチ-ブルジョア。プチ-ブル。」とのこと。

しかし一体何のことやら。

 


そこで嘉門達夫氏作詞・作曲のその名もズバリ「小市民」の歌詞を引用させていただきますと

小市民とは、

1)目薬をさす時 無意識に口をあけてしまう
2)子供が出来たら年賀状に写真をのせてしまう
3)雑誌を買う時 上から3冊目くらいをとる
4)雑誌のイエス・ノーテストをついついしてしまう
5)石鹸がすり減って小さくなったら、新しい石鹸の上にはりつける
6)アーモンドチョコなめてアーモンドだけにして食べる
7)食堂に入ると ソースの瓶としょう油の瓶をニオイで確かめる
8)サトイモの煮っころがしをハシでとろうとしてツルッとすべると「これ生きてる」とついつい言ってしまう
9)ミカンにちっちゃな子供のミカンがついているとうれしい

等々。まぁ、定義ではございませが如何でしょうか。
皆さんも何点か思い当たる項目があったのではないでしょうか。

どちらかと申しますと揶揄されがちな「小市民」。

しかし「悪人」か「善人」かと問われれば間違いなく「善人」そして揶揄される言動の裏を返せば、「身の回りの些細なことにも小さな幸福を見つけられる人」と言えなくもありません。

じめじめとした梅雨の季節。
いつの日か胸を張って「うな重の松」もしくは「特上 ヒレかつ定食」を注文できる事を夢見つつ、ひっそりと夏の太陽を待ちたいと思う今日この頃でございます。

関連記事

行き着く先は・・・

行き着く先は・・・ いやはや1年で一番清々しくて気持ちのいい季節ですねぇ。 連休中、皆さんは

記事を読む

綿入れ半纏

「綿入れ半纏」 さてさて毎度のことではございますが、今年も残すところあと1か月となりました。

記事を読む

頑張れ!「探偵!ナイトスクープ」

皆さんはご覧になったことがあるでしょうか? 1988年(昭和63年)に関西ローカル(朝日放送)

記事を読む

春ですね

突然の春満開!花粉症の方には辛い季節ではありますが、皆様如何お過ごしでしょうか。 先日もう梅は

記事を読む

さらば夏よ…

な~んつって、そもそも夏に「こんにちわ」をしたわけでもないので、別れを告げる必要も無いと思うのですが

記事を読む

1ピース

今日(27日)は東京でも雪が降りました。三寒四温と申しますが、 少しだけ春が遠のいたような気がしま

記事を読む

ウッカリしてた!

すっかり秋めいてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年の夏は気象庁によります

記事を読む

小市民的電波時計の楽しみ方

桜も満開!いよいよ春本番ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 思えば私が初めて腕時計を買

記事を読む

AKY2011(明けたらきっと良い年2011)

あれれ・・・ついこの間年末のコラムを書いたと思ったら、もう年末ですかぁ。 なんかいつの頃からか

記事を読む

アラカンと聞いて嵐寛寿郎を思い浮かべたアナタへ

「アラカンと聞いて嵐寛寿郎を思い浮かべたアナタへ」 お彼岸も終わり、すっかり秋めいてまいり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アラカンと聞いて嵐寛寿郎を思い浮かべたアナタへ

「アラカンと聞いて嵐寛寿郎を思い浮かべたアナタへ」 お彼岸も

ファイルの情報

]]]]] ファイルの情報 ]]]]] ExcelやWordで作

今号のキーワード:CPUとGPU

今号のキーワード:CPUとGPU CPUとは、ハードウェアとソフ

遠くへ行きたい

「遠くへ行きたい」 長い梅雨が明けた途端、猛暑日の連続。まだまだ

セルの結合を使おう

]]]]] セルの結合を使おう ]]]]] 先月の1ポイントでは

→もっと見る




PAGE TOP ↑