キャリアアグリゲーション

medium_3107120908

 

今号のキーワード:「キャリアアグリゲーション」

スマホのCMなどで最近よく耳にする言葉です。
アグリゲーション(aggregation)とは、「集合」「集合体」を表す言葉。

携帯電話やスマートホンは言うまでもなく”電波”を使って通信をしています。
docomoやau、ソフトバンクが送る電波を端末がキャッチする事でメールや
インターネットなどのデータが通信できます。
この”電波”には「周波数」というものがあり、使える周波数の幅が広いほど
より多くのデータを高速で伝達できるようになるのです。
広い道路のほうが車も空いてて速度を出せるし、一度に多くの車が通れますよね。

一昔前は遅かった通信速度も、技術革新により現在ではパソコンの光回線と
変わらないくらいの速度で通信できるようになってきました。

しかし、使える電波の周波数は法律で定められており、「通信を早くしたいから
使える分だけ使っちゃおう!」というわけにはいきません。
携帯電話やスマホの通信用には「この辺の周波数とこの辺の周波数しか使っては
いけません。」と決められています。
さらに、使える周波数も連続していないので、これ以上道路の幅を広げることが
できなくなっています。
これでは、通信速度も頭打ちで、法改正や更なる技術革新を待つしかありません。

そこで、新たな方法として浮上したのが「キャリアアグリゲーション」という技術です。
これは、「連続していなくても、ある程度の幅の道路が複数ある」→
「それならその複数の道路をまとめ(アグリゲーション)て通信に使おう!」
という考え方で、複数の周波数を一度にまとめて通信を行います。
これによって、実際は連続していなくても、見かけ上は「今まで以上に幅の広い道路」が
実現できるようになるのです。

まぁ要するに、『今までよりも高速な通信ができるようになった』。

ということなのですが、今後更なる進歩が求められ、ますます身近になっていく
電波通信の技術。
ぜひ、興味を持って調べてみてください。

■メリットは”高速化”だけじゃない? 話題の「キャリアアグリゲーション」ってどんな技術?

photo credit: @Doug88888 via photopin cc

関連記事

SSD

今号のキーワード:「SSD」 パソコンが”遅い”と感じることはありませんか? 起

記事を読む

危険なパスワード

今号のキーワード:『危険なパスワード』 メールの閲覧やネットショッピング、ネットバ

記事を読む

今号のキーワード:Pinterest(ピンタレスト)

今号のキーワード:Pinterest(ピンタレスト) ピンタレストはインターネット上で見つけた

記事を読む

スパイウェア

今号のキーワード:「 スパイウェア 」 スパイウェアとはその名の通り、パソコンの中に潜入してス

記事を読む

今月のキーワード:SIMフリーノートPC

今月のキーワード:SIMフリーノートPC 外出先でノートPCをインターネットに繋げたいとなった

記事を読む

グリーティングメールで年賀状

今号のキーワード:「グリーティングメールで年賀状」 皆さん、年賀状はもう出しましたか?

記事を読む

オンラインバンキング

今号のキーワード:「オンラインバンキング」 これから6月にかけて、春とともに訪れる「雨」。

記事を読む

今号のキーワード:ネット詐欺

今号のキーワード:ネット詐欺 今回は注意喚起の意味を込めて「新型コロナウイルス」に便乗したネッ

記事を読む

Wi-Fi

今号のキーワード:「Wi-Fi」 皆さんはインターネットをに繋ぐとき、どうやってつないでいます

記事を読む

MVNO

今号のキーワード:「MVNO」 皆さんは、スマートフォンをどんな用途で使っていますか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

朝カツ

「朝カツ」 いつの間にか梅が散って桜も満開。何しろこのご時世です

グラフの簡単作成

]]]]] グラフの簡単作成 ]]]]] 一生懸命編集してやっと

今月のキーワード:SIMフリーノートPC

今月のキーワード:SIMフリーノートPC 外出先でノートPCをイ

第11回 CPU大賞受賞「スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい」

■□■ 第11回 CPU大賞受賞「スペースキーで見た目を整えるのは

回してこそ

「回してこそ」 どうなんでしょうか。感覚的には去年の3月頃から「

→もっと見る




PAGE TOP ↑