死語の世界

公開日: : 最終更新日:2022/05/10 したまち爆笑コラム

medium_197863357

徐々に秋めいてまいりましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
さて先日衣類の防虫剤を買いに薬局へ。
ところが商品名が思い出せません。
「え~と、え~と」と考えておりましたところ、突然浮かび上がった単語が一つ。
「樟脳(しょうのう)」
我ながらどんだけ爺さんなのか、と可笑しくなってしまいました。

とまぁ、そんなわけで今回は昭和の時代に花開いた「死語の世界」へご案内。

まずは「アイアムソーリー、ヒゲソーリー」これはどうでしょうか。
聞いた覚えはありますが、使ったことはないかもなぁ。
使用例としましては

「課長、この見積り一桁違ってますよ」
「アイアムソーリー、ヒゲソーリー」
となるわけでございます。

そして次は「すみま千円二千円」う~む、これは知らなかったなぁ。
使用例としましては

「課長、交通費の精算まだですか」
「あー、すみま千円二千円」

シリアスに怒られている時に使ってみたい気はしますねぇ。
きっと数倍怒られちゃうだろうけど。

ほかにも「いただきマンモス」「ごちそうサマンサ」「グロッキー」に
「バタンキュー」「バッチグー」「そんなバナナ」など死語の世界には
今もって存在感のある言霊たちが鈍い光を放ち続けております。

これらの死語達を現在使用するに当たっては、大変な危険が伴いますが
チャレンジ精神の旺盛な方、是非一度試してみては如何でしょうか。

ちなみに家内は満腹になった時に「食った食った、クンタキンテ」と
わけの分からない言葉を発します。
私は家内以外の人からこの謎の言葉を聞いたことが無いので、
この言葉を果たして「死語」に分類していいものかどうか、
判断がつかない今日この頃でございます。(ま)

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

関連記事

夏の思い出

「夏の思い出」 さて、何だかピリッとしないと言いますか、はっきりしない夏が終わろうとしています

記事を読む

不寛容はつらいよ

「不寛容はつらいよ」 激動のといいますか、かつて経験をしたことのない2020年も半分が過ぎまし

記事を読む

今度は金星ですよぉ

そーいえば皆さん、ご覧になりましたか?金環日食。 私が子供の頃は下敷きや煤(すす)を付けたガラ

記事を読む

選べる幸せ

先月汗だくで遅い衣替えをしたと思ったらこの寒さ。 慌ててジーンズやらスウェットやらを引

記事を読む

嗚呼、懐かしのあの味

さぁ今年は絡みつくような残暑もなく、あっさりと秋になったような 気がします。 とはいえ、不気

記事を読む

サウナでQ

子供の頃、ウルトラQのオープニング「これから30分間、あなたの眼はあなたの体を離れ、この不思議な世界

記事を読む

ラーメンと私

まぁ、なんといいますか・・・ 最近では深夜の公園とかで、若者にしか聞こえない超音波(モスキート音)

記事を読む

進化する防災グッズ

「進化する防災グッズ」 西日本を豪雨が襲い猛暑の後に台風が来たり、と日本も異常気象に見舞われて

記事を読む

春ですね

突然の春満開!花粉症の方には辛い季節ではありますが、皆様如何お過ごしでしょうか。 先日もう梅は

記事を読む

ネット通販

「ネット通販」 ついこの前、年が明けたと思ったら、もう桜の季節なんですねぇ。 寒暖の差が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

決しておしゃれではないけれど

「決しておしゃれではないけれど」 気温の上下が激しい季節の変わり

入力時の予測変換

]]]]] 入力時の予測変換 ]]]]] 文字入力時にはIMEと

OpenChat(オープンチャット)

今号のキーワード:OpenChat(オープンチャット) コミュニ

夜霧よ今夜もありがとう

「夜霧よ今夜もありがとう」 新型コロナの蔓延とロシアのウクライナ

ショートカットキーが覚えられない

]]]]] ショートカットキーが覚えられない ]]]]] パソコ

→もっと見る




PAGE TOP ↑