ノザキの・・・といえば?

公開日: : したまち爆笑コラム

image143日の並びが良くないとはいえ、いわゆる「ゴールデンウィーク」でありますが、
皆様如何お過ごしでしょうか。

私はといいますと、先日軽い「ぎっくり腰」を発症。その翌日自宅階段から落下。
もう「踏んだり蹴ったり」ん?正しくは「踏まれたり蹴られたり」ではないのか。

などと思いつつ、整骨院に通う今日この頃でございます。。

さて唐突ではありますが、最近気になっている食品、それは缶詰の「コンビーフ」
若い頃酒のつまみにソースをかけてよく食べた「コンビーフ」

果たして今の若者は「コンビーフ」という食品を知っているのでしょうか。
TVドラマ「傷だらけの天使」のオープニングで萩原健一(ショーケン)が牛乳飲みながら食べてたヤツ。
あ、もっと分からないかぁ。(笑)

日本の「コンビーフ」のパイオニア「ノザキ」のHPによりますと
「そもそもコンビーフとは、塩漬けした牛肉のこと。英語では CORNED BEEF(塩漬けの牛肉)」
そして「発売以来の累計販売数は、「ノザキのコンビーフ」と「ノザキのニューコンミート」
を合わせて8億8326万個に達している(2013年3月末現在)」とのこと。
う~む恐るべしコンビーフ。

ちなみに「ノザキのコンビーフ」は、
牛肉100%で原料肉は豪州(またはニュージーランド、メキシコ)産。
主に肩やモモなどの部位を使用。
「ノザキのニューコンミート」は、馬肉約80%、牛肉20%以上。
馬肉は豪州や中南米産等、らしいです。

だがしかしここ数年、いやもっと長い間コンビーフを食べた記憶がございません。
その理由として思い当たったのが、何と言ってもあの白い「油脂」
いかにも高カロリーで太りそう。
中性脂肪や尿酸値が気になる年代にとっては敬遠されがちな食材でありましょう。

そこでカロリーを調べましたところ「ノザキのコンビーフ 100g」は、243kcal。
ん?思った程高くない?

そして姉妹品その名も「脂肪分控えめコンビーフ 100g」は、なんと136Kcal。
あれま!むしろヘルシー。

そうか、そうであったのか。
「人は見かけによらない」と言いますが、それはコンビーフにも当てはまるようで
ございます。調査捕鯨の縮小も囁かれる昨今。
「昭和の味」が恋しくなったら、たまにはコンビーフをつまみにホッピーでも飲んでみようかな、
と思う風薫る五月なのでありました。

とかワケのわからない理屈で押し切っておくか・・・。(ま)

関連記事

運命的な出会い

「運命的な出会い」 しばらくお休みをしているうちになんと12月!あっという間の年の瀬で

記事を読む

風通しは良くないとね

この鬱陶しい梅雨が終われば夏ですねぇ~。 とは言え「情熱の嵐」(西城秀樹)のような恋愛が待って

記事を読む

魔法の箱

「魔法の箱」 先日カレーと冷やご飯をレンジでチンして食べておりました。ごくごく日常的な光景であ

記事を読む

諸行無常

どうなんでしょうか。 去年ほどではないしてもかなり熱い夏ではありましたなぁ・・・。 また

記事を読む

さらば鼠先輩

さてさて、色々な面で世界的に激動の年が終わり、引き続き始まろうとしております。 皆様にはお変わ

記事を読む

熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍

「熱量(カロリー)は使い捨てカイロの約13倍」 「激動の」と申しますか、「激震の」と申しますか

記事を読む

朝カツ

「朝カツ」 いつの間にか梅が散って桜も満開。何しろこのご時世ですからろくに花見も出来ず、このメ

記事を読む

パンイチ

「パンイチ」 「災害級」とまで言われる新型コロナウィルスの蔓延状況。政府の施策が信頼出来ない以

記事を読む

「~風」

「~風」 早いものでゴールデン・ウイークも終わってしまいましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?

記事を読む

新緑の頃

3月11日に発生した東日本大震災により、 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

データを連結させる関数

]]]]] データを連結させる関数 ]]]]] セルのデータ&セ

おせち料理

「おせち料理」 いよいよ激動の2021年も押し迫って参りました。

YouTube動画の保存

今号のキーワード:YouTube動画の保存 YouTubeの動画

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー 

■□■ 「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー  ■

断捨離

「断捨離」 さてさて激動の2021年が終わろうとしております。師

→もっと見る




PAGE TOP ↑