その道の達人

公開日: : したまち爆笑コラム

colum_img8[1]全くバタバタしているうちに今年も終わろうとしております。
私がもしもオカマさんだったら「もう!どーしてくれるのよーっ!誰か私の1年を返してちょうだいよーっ!!」と、ヒステリックに叫んでいるかも知れません。
(何もオカマさんになる必要もないけど)

さて今年最後のお話ですが、どんな世界にもその道を極めた「名人・上手・達人」と呼ばれるお方がいらっしゃいまして。
最近見かけませんが、何十人分もの「そば」を担いで自転車に乗っちゃう「出前の達人」とか、なんだか分からないうちに取っちゃう「かるた取りの名人」とか。
いずれにせよ、凡人には計り知れない努力・苦悩・忍耐を積み重ねて、人々を「う~む・・・」と唸らせる「域」に達したであろう事は間違いありません。
で、あるからしてそう易々と出会えないのが「名人・上手・達人」と呼ばれるお方なワケですが・・・
実は私、出会ってしまったのです。

場所はよく行く「スーパー銭湯」。
確かその日は「日替わり風呂」が「ワイン風呂」の日で、ぐったりしたオジサンが2~3人浸かっておりました。
なんだか「ワイン風呂」というより「紅生姜汁風呂」みたいな感じ。
「ワイン風呂」なんだから「叶姉妹」とかが入ってなきゃダメだろー!
無理だけど)とか思いつつボンヤリしておりましたら、洗い場の隅でひっそりと至芸を披露している達人を発見。

なんとそのお方は
「自分の背中からお尻を洗う達人」なのでありました。
背中しか拝見していないので推測ですが、年の頃なら50代半ば。
多肉中背の立派な中年肥り。
ただそのナイロン手拭い(正式名称不明)でご自分の背中からお尻にかけてを洗い上げていく動作のシャカシャカ、シャカシャカとなめ~らかな事、なめ~らかな事。
何十年という歳月を費やしたであろう1分の隙も迷いも無い正に 「至芸」!思わず見入ってしまった次第であります。
ただ惜しむらくは、その「至芸」が、おそらく(イヤ間違いなく)大衆の前で披露出来ないであろう事。
終世一度も拍手や賞賛を浴びることなく消えてしまう「幻の名人芸」。
う~む・・・渋いぜ 達人!

是非「一子相伝の秘芸」として御子息か御令嬢に(すんげー嫌だろーけど)脈々と伝承し続けて欲しいと願いつつサウナ室に歩を進めた私でありました。
皆さんもお近くのスーパー銭湯の日替わり風呂が「ワイン風呂」の日、私が出会った達人に会えるかも。
つーことで、また来年お会いしましょう。よいお年を!

関連記事

「クルトガ」って、な~んだ?

何といいますか、今年の冬は「キリッ」と冷えて久し振りに「冬らしい冬」ですねぇ。 とはいえ、風邪

記事を読む

いいわけ

波乱の一年も残すところ1ヶ月となりました。 今年の10月、青森の十和田湖に宿泊して仙台の松島経

記事を読む

新緑の頃

3月11日に発生した東日本大震災により、 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

記事を読む

アナログで悪かったね

さてさて、毎年の事ながら今年も残すところあと1ヶ月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

記事を読む

さらば鼠先輩

さてさて、色々な面で世界的に激動の年が終わり、引き続き始まろうとしております。 皆様にはお変わ

記事を読む

「まだ」OR「もう」

「「まだ」OR「もう」」 まずは新型コロナウィルスでお亡くなりになられた皆様にはお悔やみを。

記事を読む

何でもいい・・って言っちゃダメ

そろそろ春が待ち遠しい時期になりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。 先日私も人並みに誕生日

記事を読む

肉が食いたい

世はGW真っ最中。皆様如何お過ごしでしょうか。 さていつの頃からでしょうか、気が付けばギャル曽根を

記事を読む

竜虎(タイガー&ドラゴン)

とあるうららかな五月の昼下がり。 私は駅前通りから少し入ったカレー専門店のドアをくぐった。「カラン

記事を読む

嗚呼、懐かしのあの味

さぁ今年は絡みつくような残暑もなく、あっさりと秋になったような 気がします。 とはいえ、不気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

不寛容はつらいよ

「不寛容はつらいよ」 激動のといいますか、かつて経験をしたことの

翻訳機能

]]]]] 翻訳機能 ]]]]] この単語、英語で何という?

今号のキーワード:マイナポイント

今号のキーワード:マイナポイント マイナポイントは、キャッシュレ

著者が解説人気ビジネス書に出演決定

著者が解説人気ビジネス書に出演決定 ■□■ 大人たちがずっと学び

「まだ」OR「もう」

「「まだ」OR「もう」」 まずは新型コロナウィルスでお亡くなりに

→もっと見る




PAGE TOP ↑