その道の達人

公開日: : したまち爆笑コラム

colum_img8[1]全くバタバタしているうちに今年も終わろうとしております。
私がもしもオカマさんだったら「もう!どーしてくれるのよーっ!誰か私の1年を返してちょうだいよーっ!!」と、ヒステリックに叫んでいるかも知れません。
(何もオカマさんになる必要もないけど)

さて今年最後のお話ですが、どんな世界にもその道を極めた「名人・上手・達人」と呼ばれるお方がいらっしゃいまして。
最近見かけませんが、何十人分もの「そば」を担いで自転車に乗っちゃう「出前の達人」とか、なんだか分からないうちに取っちゃう「かるた取りの名人」とか。
いずれにせよ、凡人には計り知れない努力・苦悩・忍耐を積み重ねて、人々を「う~む・・・」と唸らせる「域」に達したであろう事は間違いありません。
で、あるからしてそう易々と出会えないのが「名人・上手・達人」と呼ばれるお方なワケですが・・・
実は私、出会ってしまったのです。

場所はよく行く「スーパー銭湯」。
確かその日は「日替わり風呂」が「ワイン風呂」の日で、ぐったりしたオジサンが2~3人浸かっておりました。
なんだか「ワイン風呂」というより「紅生姜汁風呂」みたいな感じ。
「ワイン風呂」なんだから「叶姉妹」とかが入ってなきゃダメだろー!
無理だけど)とか思いつつボンヤリしておりましたら、洗い場の隅でひっそりと至芸を披露している達人を発見。

なんとそのお方は
「自分の背中からお尻を洗う達人」なのでありました。
背中しか拝見していないので推測ですが、年の頃なら50代半ば。
多肉中背の立派な中年肥り。
ただそのナイロン手拭い(正式名称不明)でご自分の背中からお尻にかけてを洗い上げていく動作のシャカシャカ、シャカシャカとなめ~らかな事、なめ~らかな事。
何十年という歳月を費やしたであろう1分の隙も迷いも無い正に 「至芸」!思わず見入ってしまった次第であります。
ただ惜しむらくは、その「至芸」が、おそらく(イヤ間違いなく)大衆の前で披露出来ないであろう事。
終世一度も拍手や賞賛を浴びることなく消えてしまう「幻の名人芸」。
う~む・・・渋いぜ 達人!

是非「一子相伝の秘芸」として御子息か御令嬢に(すんげー嫌だろーけど)脈々と伝承し続けて欲しいと願いつつサウナ室に歩を進めた私でありました。
皆さんもお近くのスーパー銭湯の日替わり風呂が「ワイン風呂」の日、私が出会った達人に会えるかも。
つーことで、また来年お会いしましょう。よいお年を!

関連記事

「~風」

「~風」 早いものでゴールデン・ウイークも終わってしまいましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?

記事を読む

顔の本

東日本大震災から早1年が経とうとしています。被害を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。そ

記事を読む

死語の世界

徐々に秋めいてまいりましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか? さて先日衣類の防虫剤を買いに

記事を読む

「まだ」OR「もう」

「「まだ」OR「もう」」 まずは新型コロナウィルスでお亡くなりになられた皆様にはお悔やみを。

記事を読む

コスプレ販促の季節

毎年の事ながらウッカリしているうちにスッカリ秋になってしまいました。 皆様はお元気でしょうか。

記事を読む

手のひら返し

「手のひら返し」 実は私、このオリンピックがはじまる前までは開催に大反対でありました。

記事を読む

小市民的電波時計の楽しみ方

桜も満開!いよいよ春本番ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 思えば私が初めて腕時計を買

記事を読む

神業

私受験生だった為、時間があまりになく自分の趣味に費やす事や、 外に出る時間が恋しくてたまりませんでし

記事を読む

ウッカリしてた!

すっかり秋めいてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年の夏は気象庁によります

記事を読む

「たこ焼き」のルーツ

先月のコラムでもご紹介した通り、私無類の「たこ焼き好き」でございます。 思えばたこ焼きとの出会

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

データを連結させる関数

]]]]] データを連結させる関数 ]]]]] セルのデータ&セ

おせち料理

「おせち料理」 いよいよ激動の2021年も押し迫って参りました。

YouTube動画の保存

今号のキーワード:YouTube動画の保存 YouTubeの動画

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー 

■□■ 「読者が選ぶビジネス書グランプリ2022」エントリー  ■

断捨離

「断捨離」 さてさて激動の2021年が終わろうとしております。師

→もっと見る




PAGE TOP ↑